現代武道学科3つのポリシー

1.卒業の認定に関する方針(ディプロマポリシー)

武道学及び武道の応用展開をベースとする社会の安全・安心に関わる領域(現代社会の多様なリスク・危機を踏まえた警護・警備等)に卒業後社会で専門性を発揮できる力と必要な基本的な学修能力を身につけ、それを実践できること

・その上で、現代社会においてわが国の伝統文化としての武道や海外における武道さらに、社会の安全・安心に貢献できる役割を深く理解すること
 

2.教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラムポリシー)

 体育学を基に、武道教育と武道の応用展開としての社会の安全・安心の確保に関する科目を幅広く学修すると共に、関連資格が取得できるよう配慮して、授業では段階的かつ体験的に学べるように実技・演習形式を多く取り入れ、学生自らが創造的、主体的に取り組めるようなカリキュラムを用意しています。
  1. 現代の武道や学校教育における武道指導についての専門的な知識を修得する科目
  2. その基盤となる体育・スポーツ及び健康分野での体育・スポーツ健康科学関係科目
  3. 武道実技や武道の応用展開としての演習・実技を実践し、基本的知識や専門的な身体運動の技術を身につけ実践力を修得する科目
  4. 海外における武道実習・実技の体験を通して技術や文化価値を知る機会を得る独自のプログラムを設定した国際交流を推進している科目
  5. 武道の応用展開としての社会の安全・安心の確保に関する科目(現代社会の各種リスク・危機を踏まえた警護・警備等)
●将来の進路
 保健体育教諭、武道指導者、警察官等各種公務員、警備会社警備員、スポーツ施設警備関係職員、一般企業など
 
 

3.入学者の受入れに関する方針(アドミッションポリシー)

 スポーツ好きで、特にわが国の伝統文化である武道に興味を持ち、また、武道の応用展開の修得を通じ社会の安全・安心に関して強い関心があり、将来は、体育・スポーツ・武道の専門的指導者や社会の安全・安心を担う業務分野に就きたいという強い意志を持つ、明るく礼儀正しい方

 

現代武道学科学科長メッセージ

 本学科は、その武道を担当できる保健体育教員と社会の安全・安心を担う人材の育成が目標です。武道における教育的な価値は、技の習得そのものだけでなく、その習得過程で生まれてくる精神的な変化や成長にみられるところであります。つまり、礼を修め、技を磨き、身体を鍛え、心を練ることにより人格が形成されていくところです。また、自己の目的達成のためには、自ら律した生活と単調な鍛練を重ねることが最も大切になっていきます。武道の経験の有無は問いません、明るく礼儀正しい方の入学を望んでいます。

現代武道学科長
さいとう こうじ
齋藤 浩二
(
平成23年 4月 1日就任)