体育学科スポーツトレーナー・コース

 「健康・体力づくりと競技力向上に関わるトレーニングのサポート」や「スポーツ傷害の予防と受傷後のケア」などが行えるスポーツトレーナーを養成するコースです。「アスレティックトレーナー領域(AT領域)」と「フィットネストレーナー領域(FT領域)」の2つの履修モデルがあり、日本体育協会公認アスレティックトレーナーやNSCA-CPT、CSCSの資格取得を視野に入れた講義・演習・実習科目を設け、実践面を重視した専門知識と技能および応用方法を身につけていきます。また、授業外の勉強会等による資格取得支援も行っています。
 

履修モデル


 体育学科の学生は、体育学科での学士力を培うため、下記の授業科目を共通に学びます。
 

[学士力基盤科目]
 導入演習、情報処理、学習基礎教養演習、総合英語A・B・C・D、スポーツ心理学、スポーツ社会学、スポーツバイオメカニクス、スポーツ指導の基礎、トレーニングの基礎、運動生理学

[学科主要科目(専門基礎科目)]
 スポーツ経営学、スポーツ医学概論、運動学、運動障害救急法、スポーツ栄養学、体操、器械運動、陸上競技、水泳、バレーボール、バスケットボール、ハンドボール、サッカー、ラグビー、柔道、剣道、ダンス、海浜実習、スキーI、キャンプ、スケート(実技科目は選択必修)

[基礎科目]
 「教養基礎科目」「教養展開科目」「海外文化科目」「人生設計科目」



 スポーツトレーナー・コースに所属する学生は、共通科目に加えて、次の授業科目などを学びます。下記の履修モデルは、日本体育協会公認アスレティックトレーナー資格の取得を併せて目指す場合を示しています。
[コース主要科目(発展科目)]
 スポーツトレーナー概論、スポーツ医学A・B、発育発達と老化、健康と栄養・食事、スポーツトレーナー実習・演習、アスレティックトレーニング論Ⅰ・Ⅱ、アスレティックトレーニング演習、スポーツ障害の予防と評価、コンディショニング論、コンディショニング実習、アスレティックリハビリテーション論、アスレティックリハビリテーション実習・演習 ほか

[応用科目]
 解剖・生理学、テーピング、NATAアスレティックトレーナーの実際Ⅰ・Ⅱ ほか
 

ゼミ紹介(内丸 仁ゼミ)

 学生自身の身近にある疑問点や問題点などを研究のシーズ(種)として話し合いを深め、健康・体力づくりから競技力向上のための各種運動やトレーニングの効果、そして、トレーニング効果を高めるための栄養やコンディショニングなどについて、スポーツ生理学的な視点から基礎的および実践的研究活動を行っています。また、健康・体力増進のための運動指導やアスリートへのスポーツ科学的サポートなどの実践的活動も意欲的に行っています。
 ゼミでは、学生が知恵を出し助け合いながら真面目に研究活動に取り組むだけではなく、雑学や体験談、就活や将来の夢などを楽しく語り合ったり、食事をしたりと交流・親睦を深めています。お互いに刺激を受けながら、「やるときはやる」そして「楽しむ」といったオンとオフのメリハリをつけ、将来の夢や目標達成のステップとなるように明るい雰囲気の中で積極的にゼミ活動をしています。