スポーツ情報マスメディア学科スポーツマスメディアモデル

 「スポーツ」は現代のマスメディアの中ではなくてはならないコンテンツになっています。新聞を見るとスポーツ面が数ページに及ぶこともあるほどで、またテレビもトップニュースとして扱われることがあるのは勿論、人気スポーツはゴールデンタイムの高視聴率番組として期待されています。
 スポーツマスメディアモデルでは、スポーツを見る「視点」を磨き、それを人に伝えられる人材の養成を目指します。このため所定の履修科目には取材した内容を文章や映像で表現する演習を取り入れているほか、宮城県内のメディアに出向いての実習も行っています。

 

履修モデル

 主にスポーツ情報を国や自治体、競技団体の政策に生かすことを学び、情報を分析整理して競技団体や選手に伝え競技に役立てる「情報戦略」を学びます。ここで言う「情報」とは、試合や選手のフォームの映像撮影やスコアーの分析にとどまらず、競技力向上や試合を有利に進める戦略的情報を意味します。 卒業後の進路としては、各競技団体の分析担当者をはじめ、スポーツ指導者や地域スポーツ振興・広報担当者などが考えられます。
[学士力基盤科目]
 導入演習、スポーツ心理学、学習基礎教養演習、総合英語A・B・C・D、情報処理、スポーツ社会学、運動生理学、トレーニングの基礎、スポーツ指導の基礎、スポーツバイオメカニクス

[学科主要科目(専門基礎科目)]
 スポーツ史、スポーツ経営学、スポーツ情報マスメディア総論、スポーツマスメディア概論、スポーツ観戦論、文章基礎、データ分析活用演習I、ヒューマンリレーション演習I、映像基礎

[基礎科目]
 「教養基礎科目」「教養展開科目」「海外文化科目」「人生設計科目」

 スポーツ」は現代のマスメディアの中ではなくてはならないコンテンツになっています。新聞を見るとスポーツ記事が1面を飾ることすらあります。テレビも同じです。スポーツ専門雑誌も数多く出版されています。更にインターネットでもテレビ並みの映像が伝えられるだけでなく、アクセスする人同士がWeb上で互いにスポーツを語っています。
スポーツマスメディアモデルでは、スポーツを見る「視点」を磨き、それを人に伝えられる人材の養成を目指します。
[モデル主要科目(発展科目)]
 スポーツ報道概論、マスメディアジャーナリズム理論、スポーツ報道・映像制作論、スポーツ取材・報道演習A・B・C、スポーツ取材・報道実習I・II ほか

[発展科目]
 マルチメディア論、スポーツ文化論、映像実践論、スポーツモラル・規範論、文章実践論、インタビュー論演習 ほか

<主な活動の場>
・地域(国際)競技大会での取材・報道演習
・テレビ局・新聞社などでの現場実習
・雑誌・出版現場での実習

 

ゼミ紹介

 マスメディアモデルでは3人の教員がそれぞれゼミを担当しています。時間は異なりますが、毎週1回(90分)行っています。これまでの卒業生の卒業論文のテーマをみると大半が「スポーツとマスメディア」に関する研究となっています。また、最近の傾向としては新聞やテレビ、ラジオ、雑誌といった従来のマスメディアだけではなく、SNSなどの新しいコミュニケーションツールに注目する学生も増えてきています。
 今年度の学生の現段階の研究テーマをほんの一例を紹介します。「駅伝100周年の歴史と波及効果に関する研究」、「五輪キャンプ地の先例と白石市・蔵王町の課題」、「天皇杯サッカーにおけるジャイアントキリングの研究」…こちらのモデルには、卒業論文のほかに、卒業制作が認められています。これまで2本制作されました。そのうちの1本は「東日本大震災ドキュメンタリー てんでんこ」という作品で1年間にわたって宮城県亘理町で取材した力作でした。