現代武道学科武道教育モデル

武道を専門に指導できる保健体育科教諭、武道も指導できる保健体育科教諭

 武道の技・技術の習得を目指した実技・理論と、武道の歴史や武道精神等の学問を通して武道教育について学びます。

 

履修モデル

 現代武道学科の学生は、学士力を培うため、下記の授業科目を共通に学びます。
 
[学士力基盤科目]
 導入演習、スポーツ心理学、学習基礎教養演習、総合英語A・B・C・D、情報処理、スポーツ社会学、運動生理学、トレーニングの基礎、スポーツ指導の基礎、スポーツバイオメカニクス

[学科主要科目(専門基礎科目)]
 武道概論、武道の応用展開の基礎、スポーツ経営学、スポーツ医学概論、日本国憲法、柔道I、剣道I、空手道、社会の安全・安心概論、合気道 ほか
[基礎科目]
 「教養基礎科目」「教養展開科目」「海外文化科目」「人生設計科目」

 武道(柔道、剣道等)の技・技術の習得を目指した実技・理論と、武道の歴史や武道精神等の学問を通して、武道教育について学び、中学校、高等学校の保健体育科教諭免許状の取得を目指します。
[発展科目]
 武道指導論、柔道方法論、剣道方法論、柔道指導法演習、剣道II、剣道指導法演習、運動学、運動障害救急法、臨床心理学、柔道II、海外武道実習、武道実践実習、スポーツ栄養学、卒業論文 ほか

[応用科目]
 体育原理、解剖・生理学、スポーツ史、学校保健学、教育の基礎理論、保健体育科教育論I~IV、韓国伝統武道、中国武術I・II、武道と教育、武道実技(形)、体操 ほか

[教職科目]
 教職論A、道徳教育論、生徒指導論A、特別活動論、教育実習I・IV、教職実践演習 ほか
 

海外武道実習参加学生の声

中国:瀋陽師範大学
 平成28年6月3日~9日に実施された海外武道実習(中国:瀋陽師範大学)に参加しました。実習プログラムは、中国語初級・中国武術の特別授業・中国文化体験(京劇・民族伝統音楽)の授業の実施と、瀋陽師範大学武術チームの見学、さらに「9・18記念館」・「故宮」の文化施設をめぐる内容でした。特に、中国武術だけは王強先生による本学学生だけの特別授業をしていただきました。また、中国文化体験では学生達が演奏している伝統楽器(二胡、箏、琵琶、楊琴、笛など)を鑑賞しました。文化施設では「9・18記念館」を見学して 歴史認識問題について中国側から日本を見る事ができたことや、故宮では目の前で歴史を感じ取れたりして、とても貴重な時間を過ごさせていただきました。
 今回の実習を通して、中国文化や歴史を肌で感じられました。また、これまで抱いていた中国のイメージが良い方向へと変っていきました。