学長挨拶

 
仙台大学はユニークな総合的な体育大学
 スポーツに対しいろいろな思いを持つ諸君、本学は東北・北海道唯一のスポーツ科学をベースとする総合的な体育大学です。1)コーチングの手法やトレーナーの育成・スポーツの運営管理などを学ぶ体育学科、2)介護の在り方や健康運動などを学ぶ健康福祉学科、3)運動にとっての栄養の大切さなどを学ぶ運動栄養学科、4)スポーツ競技に不可欠な情報戦略やスポーツの報道の在り方などを学ぶスポーツ情報マスメディア学科、5)武道の指導法や武道の応用展開を通じ社会の安全・安心の在り方を学ぶ現代武道学科、6)幼児期の子どもの運動を通じて発育成長する子供の教育の在り方を学ぶ子ども運動教育学科と、スポーツ科学を基礎に多彩な専門分野を学べる道を準備しています。更に、保健体育教諭、養護教諭、栄養教諭、特別支援学校教諭等の教員免許、介護福祉士、社会福祉士、健康運動指導士、栄養士、幼稚園教諭・保育士など多くの資格取得の道も開いています。。
 
“学生ファースト、面倒見の良い大学”での 「実学と創意工夫」の人材養成
 建学の精神である「実学と創意工夫」のもと、スポーツ・フォア・オール(スポーツは健康な人のためだけでなく、すべての人に)を基本理念に、“学生ファースト、面倒見の良い大学”をその教育方針として、総合的な体育大学に相応しい教育・研究のための多彩な教員を揃え、卒業後、実社会でのあらゆる分野で活躍できる人材養成の体制を整備しています。
 その教育研究実績に着目し、令和の時代を迎える中、大学スポーツ振興の推進役を担う東北で唯一のモデル大学として選定されたことに加え、仙台におけるプロ3球団のスポーツ活動の地域活性効果等を研究する「研究ブランデング事業」を実施する大学にも指定されました。
 
国際レベルのスポーツ関連施設で“心技体そろって強靭な人つくり”への挑戦を
 体育・スポーツの競技力の向上を狙いとしたアスリート育成はもちろんのこと本学での多様な専門分野を学ぶために“心技体そろって強靭な人材”を育成していくのが、本学の大きな教育課題です。そのため、5つの体育館、公式陸上競技場、サッカー場、野球場、プール、国際レベルのテニスコートなど東北の他の大学には見られないスポーツ施設を体系的に整備しています。併せて、競技力改善に大きな武器となるトレーニング・センターや低酸素・高酸素トレーニング室の整備、スポーツによるケガ等に備え医療からリハビリ・競技復帰への体力つくりといった一連の体制等、スポーツを科学的視点から支援するシステム整備も行っています。
 
広がる国際交流と東京オリンピック・パラリンピックに向けて
 教育・スポーツ分野でのグローバル化が進む中、本学でもスポーツ科学分野を中心に教育・研究面で中国、台湾、韓国、フィンランド、ドイツ、デンマーク、米国、タイ、ベトナム、ベラルーシの11の諸国、18大学の大学間交流を進めています。また、来年、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、トップ・アスリートの育成に加え、地域社会と連携しベラルーシの新体操チームなどの諸外国の事前キャンプの支援にも取り組んでいます。ここには異文化との交流と参加することの意義を学ぶ大きなチャンスが広がっていると思います。
 
さあ!皆さん! このような仙台大学の門を叩いてみませんか
 さあ、皆さん、総合的な体育大学として、アスリートの育成など“スポーツをする”、“スポーツを見る”、“スポーツを支える”ことに力を注ぐ本学の門を叩いてみませんか。​

学長  遠 藤  保 雄