子ども運動教育学科3つのポリシー

1.卒業の認定に関する方針(ディプロマポリシー)

教育学・保育学の関連分野を修得し、多面的な履修を通じて卒業後社会で専門性を発揮できる力と専門的な学修能力を養うとともに、幼児の運動遊びの支援・助長に深い知識と感性を有して、保育・幼児教育に従事する上での専門的な知識を修得し、これを実践できる力を身に付けること

その上で、現代社会において幼児の運動遊びの支援・助長に深い知識と感性を有して、保育・幼児教育上、果たすべき役割を深く理解すること

2.教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラムポリシー)

 幼児期の子どもの運動遊びの支援・助長に関する教育を「体育学」の領域を基盤として行うとともに、幼児期の子どもの発育発達に係る「教育学・保育学」にまたがる領域をも取り込み、この分野の実践的な学習を通じ、幼稚園教諭、保育士、幼児体育指導者などを養成するカリキュラムを用意しています。
  1. 幼児期の子どもの運動遊びを軸とした保育・幼児教育について専門的知識・技能を修得する科目
  2. その基盤となる体育学の領域での体育・スポーツ健康科学関係科目
  3. 子どもの運動あそびを軸として幼児期の子どもの発育発達段階を踏まえた保育や幼児教育を進める上で必要となる教育学・保育学の領域での科目
  4. 教育学、保育学の一環での保育上の表現技術及び保育実習の内容を理解する科目
  5. 地域社会や各家庭の保護者への運動遊びを軸とした保育や幼児教育の指導を行える者を育成する科目
  6. 教職に関する科目の他、就学前の幼・小児の保育に関する保育士資格関連科目
●将来の進路
 幼稚園教諭、保育士、幼児体育指導者、各種公務員、一般企業ほか
 

3.入学者の受入れに関する方針(アドミッションポリシー)

 スポーツが好きであり、子どもと時間を過ごすことが好きで、子どもとの運動や遊びの支援・助長を通じ、将来は、幼児の教育・保育、幼児体育指導に携わりたいという強い意志を有している方
 

子ども運動教育学科 学科長メッセージ

 仙台大学開学50周年を記念する平成29年4月、第6番目の学科として「子ども運動教育学科」が誕生しました。
 幼児期の子どもは体を動かし、音楽に親しみ、図画工作などを通して好奇心と想像力を養い心身ともに発育・発達していきます。そのプロセスを、まず、体育学の領域で子どもの運動あそびの支援や助長について深く学び、これを軸にして、心身の発育・発達を促す子どもの保育と教育のあり方についても学修していきます。
 子どもとの運動や遊びの支援・助長を通して、将来は幼児の教育・保育、幼児体育指導に携わりたいという強い意志を有している皆さんの入学を期待しています。

子ども運動教育学科長
くのう かずお
久能 和夫
(平成25年4月1日就任)