大学院(修士課程)2年コース

見たいメニューを選んでください

授業科目

2018年4月からカリキュラムを再編予定です。詳細が決まり次第お知らせいたします。

コア科目

 スポーツ科学概論、情報リテラシ-、キャリアマネジメント特講、スポーツ科学インターンシップ実習、スポーツ科学特別研究、スポーツ科学指導演習、スポーツ科学特講
 

選択科目

 学校教育学特講、学習心理学特講、体育科教育学特講、体育科教育学演習、保健科教育学特講、保健科教育学演習、スポーツ倫理学特講、スポーツ史特講、スポーツ心理学特講、養護教育学特講、学校ヘルスケア特講、スポーツ経営論特講、スポーツ経営論演習、地域スポーツマネジメント特講、スポーツマーケティング特講、野外・レクリエーション論特講、スポーツビジネス論特講、スポーツ運動学特講、運動方法学特講、コーチング論特講、スポ-ツ運動分析法演習、スポ-ツ運動分析法演習、スポ-ツバイオメカニクス特講、トップスポ-ツコ-チング演習、トップスポ-ツマネジメント特講、キャリアマネジメント演習、フィットネスプロモーション特講、トレーニング科学特講、ストレングス&コンディショニング演習、運動・スポーツ生理学特講、体力増進科学特講、アスレティックトレーニング演習、運動環境科学特講、運動・スポーツ医科学特講、リハビリテーション特講、運動・スポーツ栄養学特講、栄養生化学特講、食行動科学特講、栄養教育論特講、ヘルスプロモ-ション論特講、健康支援演習、健康福祉支援方法論特講、健康支援・介護予防演習、健康医療政策論特講、スポーツ情報戦略特講、スポーツ情報戦略演習、スポーツ・マスメディア論特講、スポーツ・マスメディア論演習、武道指導法演習、スポーツセキュリティ論演習
 

修了要件

 コア科目の必修10単位とコア科目の選択科目を含め、全ての選択授業科目から20単位以上、計30単位以上を修得する。

 

履修モデル

コア科目(共通科目)

 大学院2年コースの学生は、各分野における高度の専門的職業等を担うための卓越した能力を培うために、下記の授業科目をコア科目として共通に学びます。
 

コア科目(共通)

<必修科目>
 スポーツ科学概論、情報リテラシー、キャリアマネジメント特講、スポーツ科学特別研究

<選択科目>
 スポーツ科学特講、スポーツ科学指導演習、スポーツ科学インターンシップ実習

選択科目
 学生は、コア科目に加え下記の授業科目を選択科目として学びます。履修科目は学生のキャリア目標に応じて学生自身が主体的に判断し選択します。下記の図はキャリア目標に応じた履修モデルとなりますが、学生は各モデル内の科目だけではなく、すべての科目を履修することが可能です。
[保健体育科教諭モデル]
 学校教育学特講、学習心理学特講、体育科教育学特講、体育科教育学演習、保健科教育学特講、保健科教育学演習、スポーツ倫理学特講、スポーツ心理学特講、学校ヘルスケア特講、スポーツ運動学特講、スポーツ運動分析法演習、武道指導法演習

[養護教諭モデル]
 学校教育学特講、学習心理学特講、保健科教育学特講、保健科教育学演習、学校ヘルスケア特講、養護教育学特講

[スポーツクラブ・マネジメントスタッフモデル]
 スポーツ史、スポーツ経営論特講、スポーツ経営論演習、地域スポーツマネジメント特講、スポーツマーケティング特講、野外・レクリエーション論特講、スポーツビジネス論特講、フィットネスプロモーション特講、スポーツセキュリティ論演習

[スポーツコーチモデル]
 スポーツ倫理学特講、スポーツ心理学特講、スポーツ運動学特講、運動方法学特講、コーチング論特講、スポーツ運動分析法演習、スポーツバイオメカニクス特講、トップスポーツコーチング演習、トップスポーツマネジメント特講、キャリアマネジメント演習

[体力増進スタッフモデル]
 フィットネスプロモーション特講、トレーニング科学特講、ストレングス&コンディショニング演習、運動・スポーツ生理学特講、体力増進科学特講、運動・スポーツ医科学特講、運動環境科学特講、アスレティックトレーニング演習、リハビリテーション特講

[健康支援スタッフモデル]
 フィットネスプロモーション特講、ヘルスプロモーション論特講、健康支援演習、健康福祉支援方法論特講、健康支援・介護予防演習、健康医療政策論特講

[運動栄養スタッフモデル]
 トレーニング科学特講、ストレングス&コンディショニング演習、運動・スポーツ生理学特講、体力増進科学特講、運動・スポーツ栄養学特講、栄養生化学特講、食行動科学特講、栄養教育論特講

[スポーツ情報マスメディアスタッフモデル]
 スポーツ情報戦略特講、スポーツ情報戦略演習、スポーツ・マスメディア論特講、スポーツ・マスメディア論演習