専任教員紹介

准教授

柴山 一仁

Shibayama Kazuhito

博士(体育科学) (筑波大学)

研究領域

ライフサイエンス / スポーツ科学 /

論文 (29)

1.

チタンを含有した衣類が陸上競技選手の体力要素に及ぼす影響

柴山, 一仁 , 名取, 英二 , 江刺, みゆき

仙台大学紀要 = Bulletin of Sendai University 53 (2) 63 - 70 2022-03-31

2.

女子円盤投競技者のターン動作における地面反力と脚の振込動作に関する事例的研究

畑山 茂雄 , 宮崎 利勝 , 柴山 一仁

陸上競技研究 2020 (2) 15 - 20 2020-06

3.

2020年シーズンにおける男子110mハードル走のレース分析 (日本陸連科学委員会研究報告 第19巻(2020) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2020)

柴山 一仁 , 貴嶋 孝太 , 杉本 和那美 , 森丘 保典 , 櫻井 健一 , 苅部 俊二 , 金子 公宏 , 谷川 聡

陸上競技研究紀要 16 149 - 156 2020

4.

2020年シーズンにおける国内一流女子100mハードルのレース分析結果 (日本陸連科学委員会研究報告 第19巻(2020) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2020)

貴嶋 孝太 , 大橋 廉 , 柴山 一仁 , 杉本 和那美 , 森丘 保典 , 前村 公彦 , 金子 公宏

陸上競技研究紀要 16 157 - 164 2020

5.

日本一流男女400mハードル選手のレースパターン分析 : 2020年の主要競技会について (日本陸連科学委員会研究報告 第19巻(2020) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2020)

杉本 和那美 , 貴嶋 孝太 , 柴山 一仁 , 森丘 保典

陸上競技研究紀要 16 177 - 194 2020

6.

男子ハードル種目における予選から決勝にかけての記録の変化に着目して (世界選手権ドーハ大会における競技パフォーマンス分析)

柴山 一仁 , 杉本 和那美 , 貴嶋 孝太 , 森丘 保典

陸上競技研究紀要 15 11 - 15 2019

7.

一流110mハードル走選手のレースパターンと競技パフォーマンスの関係::レース局面に基づく検討

柴山 一仁 , 貴嶋 孝太 , 森丘 保典 , 櫻井 健一

体育学研究 64 (2) 475 - 485 2019

8.

国内外一流女子100mハードルのレース分析 : 2018シーズンの主要競技会について (日本陸連科学委員会研究報告 第17巻(2018) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2018)

貴嶋 孝太 , 柴山 一仁 , 杉本 和那美 , 森丘 保典 , 岩崎 領 , 前村 公彦 , 金子 公宏

陸上競技研究紀要 14 142 - 152 2018

9.

2018年シーズンにおける男子110mハードル走のレース分析 (日本陸連科学委員会研究報告 第17巻(2018) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2018)

柴山 一仁 , 貴嶋 孝太 , 杉本 和那美 , 森丘 保典 , 岩崎 領 , 櫻井 健一 , 苅部 俊二 , 金子 公宏

陸上競技研究紀要 14 132 - 141 2018

10.

バイオメカニクスからみた一流110mハードル走選手のインターバル走およびハードリング動作 : 日本人選手の課題とトレーニングの方向性についての検討

柴山 一仁

陸上競技研究 2015 (2) 2 - 11 2015-06

11.

09方-27-ポ-29 下り坂が短距離走選手の疾走動作に及ぼす影響(09 体育方法,一般研究発表,2020東京オリンピック・パラリンピックと体育・スポーツ科学研究)

柴山 一仁 , 門野 洋介

日本体育学会大会予稿集 66 315 - 315 2015

12.

日本一流男子110mハードル選手および女子100mハードル選手のレース分析 : 2015年度主要競技会の分析結果について (日本陸連科学委員会研究報告 第14巻(2015) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2015)

貴嶋 孝太 , 山元 康平 , 柴山 一仁 , 杉本 和那美 , 櫻井 健一 , 千葉 佳裕 , 森丘 保典

陸上競技研究紀要 11 106 - 114 2015

13.

マイクロ波センサーを用いたバットスピード計測の信頼性

森本 吉謙 , 柴山 一仁

Journal of training science for exercise and sport = トレーニング科学 26 (1) 9 - 15 2015

14.

国内外110mハードル走選手のハードリング動作に関する3次元キネマティクス的研究

柴山 一仁 , 藤井 範久 , 門野 洋介

陸上競技学会誌 (12) 45 - 53 2014

15.

一流110mハードル走選手のハードリング動作に関するバイオメカニクス的分析 : 角運動量保存則からの検討

柴山 一仁 , 藤井 範久 , 阿江 通良

体育学研究 58 (1) 135 - 149 2013-06

16.

ハードル走におけるハードル高の違いがハードリング動作へ及ぼす影響 : 骨盤と体幹の回旋動作に着目して

櫻井 健一 , 下道 翔太 , 柴山 一仁

陸上競技研究 2013 (2) 15 - 22 2013-06

17.

Effects of Fatigue on Leg Kinetics during All-out 600 m Running

Kadono Hirosuke , Ae Michiyoshi , Suzuki Yuta , Shibayama Kazuhito

International Journal of Sport and Health Science 11 54 - 61 2013

18.

記録水準の異なる女子三段跳の跳躍動作に関するバイオメカニクス的研究

築野,愛 , 阿江,通良 , 小山,宏之 , 村木,有也 , 柴山,一仁 , 苅山,靖 , 清水,悠

陸上競技研究 90 17 - 26 2012

19.

競技会における一流男女走幅跳および三段跳選手の助走スピード分析 (日本陸連科学委員会研究報告 第11巻(2012) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2011)

小山 宏之 , 村木 有也 , 柴山 一仁

陸上競技研究紀要 8 46 - 64 2012

20.

助走スピードから見た日本男子走幅跳選手と海外選手の比較 (日本陸連科学委員会研究報告 第11巻(2012) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2011)

小山 宏之 , 村木 有也 , 柴山 一仁

陸上競技研究紀要 8 43 - 45 2012

21.

一流110mハードル走選手の1サイクル動作に関するキネマティクス的研究:疾走速度および脚長と動作の関連から

柴山 一仁 , 藤井 範久 , 阿江 通良

体育学研究 56 (1) 75 - 88 2011

22.

競技会における一流男女走幅跳および三段跳選手の助走スピード分析 (日本陸連科学委員会研究報告 第10巻(2011) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2010)

小山 宏之 , 村木 有也 , 柴山 一仁

陸上競技研究紀要 7 37 - 49 2011

23.

05バ-3P-K24 一流110mハードル走選手のハードリング動作における角運動量の変化パターン(05.バイオメカニクス,一般研究発表抄録)

柴山 一仁 , 藤井 範久 , 阿江 通良

日本体育学会大会予稿集 61 165 - 165 2010

24.

競技会における一流男女走幅跳および三段跳選手の助走スピード分析 (日本陸連科学委員会研究報告 第9巻(2010) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2009)

小山 宏之 , 村木 有也 , 柴山 一仁

陸上競技研究紀要 6 108 - 117 2010

25.

05-28-K211-2 ハードリング動作における股関節の3次元キネマティクス的研究(05.バイオメカニクス,一般研究発表抄録,ひろしま発 ひとを育む体育・スポーツ)

柴山 一仁 , 藤井 範久 , 阿江 通良

日本体育学会大会予稿集 60 154 - 154 2009

26.

05-10-8LBY-2 陸上競技中距離走者の600m走中における鉛直スティフネスの変化(バイオメカニクス1,05.バイオメカニクス,一般研究発表抄録)

門野 洋介 , 阿江 通良 , 鈴木 雄太 , 柴山 一仁

日本体育学会大会予稿集 59 139 - 139 2008

27.

110mハードル走に関するキネマティクス的研究 (日本陸連科学委員会研究報告 第7巻(2008) 陸上競技の医科学サポート研究 REPORT2007)

柴山 一仁 , 藤井 範久 , 阿江 通良

陸上競技研究紀要 4 91 - 98 2008

28.

05-5-GYM-21 パフォーマンスレベル別に見た110mハードル走に関するバイオメカニクス的研究(05.バイオメカニクス,一般研究発表抄録)

柴山 一仁 , 藤井 範久 , 阿江 通良

日本体育学会大会予稿集 58 227 - 227 2007

29.

09-18-T001-11 陸上競技男子110mハードル走における助言の有効性に関する研究 : バイオメカニクス的観点からの考察(09 体育方法,一般研究発表抄録)

柴山 一仁 , 門野 洋介 , 藤井 範久 , 阿江 通良

日本体育学会大会予稿集 57 185 - 185 2006