仙台大学

使命・目的

■ 仙台大学大学院の使命・目的

仙台大学大学院学則 第1条

 仙台大学大学院は、広い視野に立って、体育・スポーツ、健康福祉、運動栄養、スポーツ情報マスメディア及び現代武道に関する学術の理論と応用を教授研究し、当該分野における高度の専門的な職業等を担うための卓越した能力を培い、もって体育・スポーツ及び健康分野の発展に寄与する有能な人材を育成することを目的とする。

■ 3つのポリシー

ディプロマポリシー
 多様化・高度化したスポーツについて様々な側面から理論的、実証的あるいは事例的方法によるアプローチを行い、体育・スポーツ、健康福祉、運動栄養及びスポーツ情報マスメディアの分野における高度な専門的指導者として、その発展に寄与しうる有能な人材を育成することを目指しています。

カリキュラムポリシー
 2年コースの教育課程では、「キャリア支援科目」(職能開発)と「アカデミック支援科目」(専門的知識・技能の修得)の組み合わせによるコースワークの充実を図っています。職域や資格取得に直結した履修モデルを参考に、学生が主体的に履修計画を設計する以外にも、学生自身が授業のプログラムを開発しそれを実践する科目や、長期のインターンシップもカリキュラムに組み込んでいます。
 1年コースでは、それぞれの領域の実務経験者を対象に、「学校体育領域」「スポーツプロモーション領域」「健康・体力支援領域」という3領域を設置しています。学生には修士論文に代え、自らの抱える専門分野での課題を設定し、その解決策を内容とする「特定の課題についての研究の成果(リサーチ・ペーパー)」が課されます。

アドミッションポリシー
 仙台大学の建学の精神および基本理念のもと、本大学院において高度の専門的職業等を担うための学究に意欲をもち、将来、指導的な役割を果たしうる資質を有する人材を選抜します。

■ 研究科長

藤井久雄研究科長

 現在、日本は「成熟社会」の到来を迎えて、国民のスポーツへの関心や期待は増すばかりです。このような背景により、わが国のスポーツはますます多様化・高度化の傾向にあります。競技力向上を見据えたオリンピックをはじめとする国際的スポーツ、国内各地で開催される数々のスポーツは、国民に夢と感動を与えることから関心の高いものになっています。また子どもの体力づくりから中高年齢者の健康づくりに資する生涯スポーツの振興と普及は、なにより国民が心身ともに健康で文化的な生活を営む上で不可欠な課題でもあります。

 北海道、東北地域における唯一の体育・スポーツ科学に関する専門性の高い仙台大学大学院に進学して、上述したような特色ある教育課程に基づいて、実力豊かな指導教授陣の適切な指導助言の下、存分に研究の基礎的、基本的な能力を鍛え、将来、成熟社会が求める高度な専門性を発揮できる人材として多様なスポーツ分野・領域で活躍することを期待しております。



ふじい   ひさお
仙台大学大学院研究科長 藤井 久雄
(平成26年 4月 1日就任)
Copyright © 2007 SENDAI UNIVERSITY. All Rights Reserved.