仙台大学

体育学科 コース概要

スポーツコーチング・コース
スポーツコーチング・コース 競技スポーツにおけるトップアスリートおよび専門的指導者を養成するコースです。スポーツにおける競技力向上に必要な知識や技能を専門的な講義や演習、実習などを通じて習得し、それらを自身のパフォーマンス発揮に活用できる実践力を備えたトップアスリートとなることが目指されます。加えて、それらを他者に伝え、選手を望ましい方向へと導くことができる指導者を目指し、そのための専門的な知識と指導力を身に付けていきます。「スポーツコーチング概論」,「スポーツコーチング演習」,「スポーツコーチング実習」などのスポーツコーチングに関する一般理論の講義、演習および実習や、「種目別コーチング演習I・II」といった、個別理論として各スポーツ競技種目別のコーチングを学ぶ授業を設けています。

スポーツトレーナー・コース
スポーツトレーナー・コース 「健康・体力づくりと競技力向上に関わるトレーニングのサポート」や「スポーツ障害の予防と受傷後のケア」などが行えるスポーツトレーナーを養成するコースです。「フィットネストレーナー領域(FT領域)」と「アスレティックトレーナー領域(AT領域)」の2つの履修モデルがあり、「FT領域」では、体力相談と運動処方、トレーニングのプログラムデザイン、ストレングス&コンディショニング実習・演習、フィットネストレーナー・インターンシップ実習などの授業科目を設けています。一方、「AT領域」では、アスレティックトレーナーの資格取得を視野に入れ、アスレティックトレーニング論、スポーツ障害の予防と評価、アスレティックリハビリテーション実習・演習、アスレティックトレーナー・インターンシップ実習などの講義・演習・実習を設けています。いずれの領域も実践面を考慮した専門知識と技能、応用方法を身につけていきます。

スポーツマネジメント・コース
 スポーツに競技者として参加するだけでなく、「クラブを運営する」「スポーツイベントを企画する」などの関わり方もあります。このコースは、スポーツ事業の企画・運営に関わるコーディネーターやマネジャーの育成を目指し、「クラブマネジャー領域」と「野外・レクリエーションコーディネーター領域」の履修モデルがあります。まずコース必修として、スポーツマネジメント概論やスポーツ・マーケティング論などの基礎知識を学びます。スポーツマネジメント・コースその後、「クラブマネジャー領域」では、スポーツ施設の経営・管理、スポーツクラブ・マネジメント論(含演習)などの専門的知識を修得します。「野外・レクリエーションコーディネーター領域」は、野外教育・活動論や野外・レクリエーション・マネジメント論(含演習)などの講義・演習を通し、アウトドアスポーツやレクリエーションに関する専門知識・技能・マネジメント能力を身につけます。

Copyright © 2007 SENDAI UNIVERSITY. All Rights Reserved.