仙台大学

取得資格について

『スポ情マス』はスポーツ情報マスメディア学科の略
付与機関 資格名 体育 健康
福祉
運動
栄養
スポ情
マス
現代
武道
都道府県 中学校教諭一種普通免許状
(保健体育)
高等学校教諭一種普通免許状
(保健体育)
養護教諭一種普通免許状
特別支援学校教諭一種
普通免許状
(※1)
高等学校教諭一種普通免許状
(福祉)
栄養教諭二種免許状
小学校教諭二種免許状
厚生労働省 介護福祉士受験資格
栄養士
社会福祉士受験資格
都道府県・市町村 社会教育主事任用資格
社会福祉主事任用資格
日本体育協会 ジュニアスポーツ指導員
(専門科目の検定試験合格が必要)
競技別指導者資格
(共通科目I + II + III の免除
(上級除く))
スポーツプログラマー
(専門科目の
検定試験合格が必要)
アスレティックトレーナー
(専門科目の
検定試験合格が必要)
アシスタントマネジャー
(専門科目の
検定試験合格が必要)
日本障害者
スポーツ協会
障がい者スポーツ指導員
健康・体力づくり
事業財団
健康運動指導士
(認定試験の受験資格)
健康運動実践指導者
(認定試験の受験資格)
日本レクリエーション
協会
福祉レクリエーション・ワーカー
(筆記試験ならびに
実技試験の合格が必要)
レクリエーション・
コーディネーター

(専門科目の
検定試験合格が必要)
レクリエーション・
インストラクター
NSCAジャパン
(日本ストレングス&
コンディショニング協会)
NSCA認定
ストレングス&コンディショニング
スペシャリスト

(資格認定試験の合格が必要)
NSCA認定
パーソナルトレーナー

(資格認定試験の合格が必要)
社会調査協会 社会調査士
(認定審査あり)
日本体育施設協会 体育施設管理士
(認定試験の合格が必要)
日本キャンプ協会 キャンプインストラクター
キャンプディレクター2級
日本臨床栄養協会 NR・サプリメントアドバイザー
(資格認定試験の合格が必要)
※1
知的障害者・肢体不自由者・病弱者に関する教育の領域



中学校教諭一種普通免許状(保健体育)
高等学校教諭一種普通免許状(保健体育)
「教職に関する科目」「教科に関する科目」等の該当科目を履修することで、中学校教諭一種普通免許状(保健体育)、高等学校教諭一種普通免許状(保健体育)が取得できます。ただし公立学校の教員として活躍するためには、各都道府県教育委員会が実施する教員採用試験に合格しなければなりません。
教職課程の履修等に関する規程や履修科目については、教職支援センターのページで確認してください。

養護教諭一種普通免許状
学校で子どもたちの保健管理・指導を行う教員です。「保健室」を拠点に子どもたちの健康教育に従事する養護教諭は、近年子どもたちの身体だけでなく心の変化も注目される中、子どもたちのケアへの期待が高まっています。本学では所定の教職に関する科目と「養護に関する科目」等の該当科目を履修することで、卒業時に養護教諭一種普通免許状が取得できます。ただし公立学校の教員として活躍するためには、各都道府県教区委員会が実施する教員採用試験に合格しなければなりません。
教職課程の履修等に関する規程や履修科目については、教職支援センターのページで確認してください。

特別支援学校教諭一種普通免許状
(知的障害者・肢体不自由者・病弱者に関する教育の領域)
これまでの盲・聾・養護学校は平成19年から一本化され、特別支援学校となりました。特別支援学校では小・中学校や高等学校等に準じる教育をするため、小・中学校・高等学校等の教諭免許状(基礎免許状)に加えて、障がいの領域ごとの特別支援学校教諭免許状が必要です。本学では必要な所定科目を履修すれば、中学校・高等学校教諭一種普通免許状(保健体育)を基礎免許状として、特別支援学校教諭(知的障害者・肢体不自由者・病弱者に関する教育の領域)の免許状を取得することができます。ただし公立学校の教員として活躍するためには、各都道府県教育委員会が実施する教員採用試験に合格しなければなりません。
教職課程の履修等に関する規程や履修科目については、教職支援センターのページで確認してください。

高等学校教諭一種普通免許状(福祉)
平成15年度から高等学校では他の科目と同じように「福祉」が専門教科として新設されました。福祉専門知識を持った教員として福祉科や福祉コースを設置している高校で授業を行います。こうした高校で介護福祉士やホームヘルパーなどの資格が取得できることが多く、福祉科の教員は福祉関連サービスに従事する人の資質向上の役割も担っています。本学では「教職に関する科目」「教科に関する科目」の該当科目を履修することで、高等学校教諭一種普通免許状(福祉)が取得できます。ただし公立学校の教員として活躍するためには、各都道府県教育委員会が実施する教員採用試験に合格しなければなりません。
教職課程の履修等に関する規程や履修科目については、教職支援センターのページで確認してください。

栄養教諭二種免許状
栄養教諭は、栄養士であるとともに学校教育の中で子どもたちに食生活全般の正しい知識や健全な食習慣を培う指導をする教員で、平成17年度に新設されました。食生活が多様化し、子どもたちの食生活の乱れが指摘されています。正しい知識に基づき食をコントロールする「食の自己管理能力」や「望ましい食習慣」を成長過程の子ども時代に身に付けて、生涯を健康に過ごすことができるように導く役割を担い、教員として他の教科、家庭、地域とも連携して食に関する啓発を行います。本学では栄養に係る「教職に関する科目」と「教育に関する科目」等の該当科目を履修することで、卒業時に栄養教諭二種免許状が取得できます。ただし公立学校の教員として活躍するためには、各都道府県教育委員会が実施する教員採用試験に合格しなければなりません。
教職課程の履修等に関する規程や履修科目については、教職支援センターのページで確認してください。

小学校教諭二種免許状
本学では小学校教員免許状を取得したいという学生の声に応え、平成19年4月より通信教育とスクーリングによって、2年次から3年間で小学校教諭二種免許状に必要な単位を修得することができます。但し、本学で中学校教諭免許状を取得することが条件となります。意欲ある学生にはぜひチャレンジして欲しいプログラムです。(このプログラムは明星大学通信教育部と連携して実施しているもので、別途費用が必要となります。)
本学には例年約70%の学生が保健体育科の教員をめざして入学していますが、公立学校で教員となるための教員採用試験突破はなかなか容易ではありません。また、同じ教員志望でも学生によって克服すべきポイントは違うため、本学では教職支援センターを設置し、相談や支援を行っています。ただし公立学校の教員として活躍するためには、各都道府県教育委員会が実施する教員採用試験に合格しなければなりません。

介護福祉士受験資格
介護福祉士は、高齢者や障がい児・者などに心身の状況に応じた介護を提供するほか、家族をはじめ介護者に助言することのできる専門職です。介護福祉士養成学校である本学では、必要な単位を修得すれば卒業時に国家試験受験資格が取得できます。学内では専門的知識に関する講義、介護実習室などでの演習のほか、実際に特別養護老人ホームや介護老人保健施設での実習を通し、実践的な知識・技術を身につけます。本学で学習したことは、介護の現場だけでなく日常生活上でも活かすことができます。 ※介護福祉士養成専攻は定員80 名です。

栄養士
栄養士は学校・病院・保育所・スポーツ施設・行政など、幅広い分野で栄養の指導や食事計画・食事管理に従事します。本学は栄養士養成施設に指定されており、所定の科目を履修及び単位を修得することにより、卒業と同時に栄養士免許が取得できます。また、卒業後に厚生労働省の指定する施設において1年以上の栄養指導に従事した場合は管理栄養士の受験資格を得ることができます。

社会福祉士受験資格
社会福祉士とは、自立して日常生活を営むことが困難な人々に対し相談援助を行う専門職のことです。この資格を取得するためには、国家試験に合格しなければなりません。本学で厚生労働大臣が指定する科目を履修し単位を取得すれば、この国家試験を受験できるようになります。社会福祉士として働く職場は、主に社会福祉協議会、地域包括支援センターなど地域福祉の拠点や高齢者・障がい者・児童を対象とした社会福祉施設、そして医療機関などです。

社会教育主事任用資格
社会教育主事は、都道府県及び市町村の教育委員会の事務局等に置かれる専門的教育職員であり、社会教育を行う者に専門的技術的な助言と指導を与えることを職務としています。大学に2年以上在籍して、62単位以上を修得し、かつ文部科学省令で定める社会教育に関する科目の単位を修得した者は、1年以上社会教育主事補等として在職した場合等に、社会教育主事となる資格を有することになります。

社会福祉主事任用資格
社会福祉主事任用資格は、社会福祉の仕事に就く人の基礎的な資格です。社会福祉法では、福祉事務所で仕事をする職員に共通する基礎資格とされています。社会福祉主事任用資格については社会福祉法第19条第1号において、「学校教育法に基づく大学等において、厚生労働大臣の指定する社会福祉に関する科目を修めて卒業した者」と定められています。任用資格とは、国家公務員・地方公務員に採用後、特定の業務に任用される時に必要とされる資格のことをいいます。本学においては、本学該当科目の中から3科目以上履修し、卒業することが必要です。

ジュニアスポーツ指導員
2歳くらいから15歳くらいまでの子どもたちの指導者のための資格です。地域スポーツクラブ等において、子どもたちに遊びを通した身体づくり、動きづくりの指導を行えるよう、発育発達期の身体的・心理的特長についての専門的知識と指導ノウハウが求められます。本学では該当科目を履修し、専門科目試験に合格すれば卒業時に資格が取得できます。

競技別指導者資格
(財)日本体育協会が各競技団体と一体となり制定しているスポーツ指導者制度。「指導員」「コーチ」「教師」等の指導者資格があり、本学では共通科目が免除されます。なお、体育学科は、競技別指導者資格のうち、「水泳指導員」の専門科目も取得できます。

スポーツプログラマー
ジュニアスポーツ指導員とともに日本体育協会のフィットネス資格にあたる資格で、ジュニアスポーツ指導員が子どもたちを対象とするのに対し、青年期以降の人々を対象に地域のスポーツクラブなどで体力の維持・向上を目的とした運動プログラム作成や指導・助言などを行います。本学では該当科目を履修し専門科目検定試験に合格すれば資格が取得できます。

アスレティックトレーナー
スポーツドクターやコーチとの緊密な協力の下、スポーツ選手の健康管理・傷害予防、スポーツ外傷や障害の救急処置、競技復帰を目標にシーズンやチーム状況などを考慮し行われるアスレティックリハビリテーション、トレーニング・コンディション調整などにあたります。本学では該当科目を履修し専門科目検定試験に合格すれば資格が取得できます。

アシスタントマネジャー
総合型の地域スポーツクラブなどにおいて、クラブ員が充実したクラブライフを送ることができるよう、クラブマネジャーを補佐し、クラブマネジメントの諸活動をサポートするための資格です。本学では、該当科目を履修し専門科目検定試験に合格すれば資格が取得できます。

障がい者スポーツ指導員
身近な障がい者のスポーツ指導にあたるための資格で、障がいの内容に応じた安全管理などに気を配り、障がい者スポーツの振興を図る初級スポーツ指導員と、主として県内レベルの障がい者を対象に、より専門的に障がい者のスポーツ指導にあたる中級スポーツ指導員の資格があり、本学では該当科目を履修することで卒業時に初級・中級スポーツ指導員資格が取得できます。

健康運動実践指導者
健康運動実践指導者は、健康づくりのための運動指導の知識・技能や疾病の予防についての知識を持ち、特に集団に対する運動指導ができると認められる者に与えられる資格です。本学の体育学科・健康福祉学科・運動栄養学科は、健康運動実践指導者養成校の認定を受けているため、資格取得に必要な科目を修めた者は、講習会が免除されるとともに資格認定試験の受験資格が得られます。通常、第3学年末に受験できます。

健康運動指導士
健康運動指導士とは、健康づくりのための運動指導者に与えられる称号の一つで、個々人の心身の状態に合わせた安全で効果的な運動を実施するための運動プログラムを作成及び指導を行う者です。動脈硬化・心臓病・高血圧などの生活習慣病を予防・改善するために、医学的基礎知識、運動生理学の知識等が幅広く必要とされます。本学の体育学科・健康福祉学科・運動栄養学科は健康運動指導士養成校として認定を受けているので、本学開講科目を履修し単位を修得すると講習会が免除となり、卒業年度の9月・11月及び3月に実施される資格認定試験の受験資格が得られます。

福祉レクリエーション・ワーカー
福祉レクリエーション・ワーカーとは、障がいのある人や高齢者などに対して、レクリエーションを通じて身体・精神の機能回復や生きがいづくり、自己実現のサポートをするスペシャリストです。デイケアや介護老人保健施設といった福祉施設・医療施設での楽しいレクリエーションが期待されます。本学では、卒業に必要な単位を修得し、該当科目を修得して学内で行われる筆記試験・実技試験に合格すると資格が取得できます。

レクリエーション・コーディネーター
子どもから高齢者まで、誰もが楽しめるスポーツやレクリエーションの提供と、人々を楽しませる技法を持つ指導者として、地域をはじめ、学校や企業・福祉領域など幅広く活動します。総合型地域スポーツクラブ等でのスポーツレクリエーション活動を推進し、継続的なレクリエーション活動を通じて地域交流の場づくりを図ります。本学では学内実施の専門科目筆記試験に合格すると資格が取得できます。

レクリエーション・インストラクター
さまざまな遊びのメニューと技術を持ち、人と人とがレクリエーションを通じて楽しい交流をしていくために、楽しさの体験を多くの人々に提供していきます。この資格は、「レクリエーション」という世界に興味関心を持った方々の入門的な資格です。本学において、卒業に必要な単位を取得したほか、資格取得のために必要な本学開講該当科目の単位を修得すると資格が取得できます。

NSCA認定 パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
NSCA-CPTは、アスリートのトレーニング指導だけではなく、個別のアプローチを用いて、子どもから高齢者の健康・体力づくりを目的としたトレーニングやコンディショニング全般の指導を行う優れた専門的能力をもつ人材を認定する資格です。本学では、体育学科のスポーツトレーナーコース・フィットネストレーナー領域所属の学生が、資格取得に関わる所定の科目の単位を修得し、且つNSCAが指定する条件を満たすことにより、NSCA-CPTの認定試験受験資格が得られます。

NSCA認定 ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)
CSCSは、傷害予防とスポーツパフォーマンス向上を目的とした、安全で効果的なトレーニングプログラムを計画・実行する知識と技能を有する人材を認定する資格です。本学では、体育学科のスポーツトレーナーコース・フィットネストレーナー領域所属の学生が、資格取得に関わる所定の科目の単位を修得し、且つNSCAが指定する条件を満たすことにより、CSCSの認定試験受験資格が得られます。

社会調査士
社会調査士は、社会調査の知識や技術を用いて、世論や市場動向、社会事象等を捉えることのできる能力を有する調査の専門家です。変動の激しい、多極化・複雑化の進む社会的現実を捉え、様々な課題や社会問題の解決を図る中で社会調査の専門的人材が求められています。本学のスポーツ情報マスメディア学科と現代武道学科では、該当科目を修得し、認定審査を経て社会調査士の認定を受けることができます。

体育施設管理士資格
体育施設管理士は、体育施設の維持管理や運営に必要な知識・技能を認定する資格です。本学において、卒業に必要な単位を取得したほか、資格取得に必要な科目を修得すると、『仙台大学体育施設管理士養成講習会修了証』が授与され、卒業時に満20歳以上であれば、協会の養成講習会を免除され、学内で実施される日本体育施設協会主催の体育施設管理士資格認定試験を受験することができます。

キャンプインストラクター
キャンプインストラクターとは、キャンパー(参加者)と直接ふれあいながら、安全に、プログラムやキャンプ生活の指導を行う役割を持った指導者です。つまり、グループや班をまとめるリーダー(カウンセラー)としての資質や野外活動の技能を身につけた者に与えられる資格です。この資格は、キャンプディレクター2級や1級へステップアップするための、基礎資格になっています。

キャンプディレクター2級
キャンプディレクター2級では、キャンプを裏から支えるマネジメント業務や安全管理、キャンプの企画や進行、指導法、キャンプカウンセリング等の資質を身につけ、キャンプを実際に運営していくディレクターの資質を身につけます。本学では、キャンプインストラクター取得後に、ディレクター2級も取得できます。

NR・サプリメントアドバイザー
NR・サプリメントアドバイザーは、保健機能食品及びサプリメントについて、専門的観点から個人個人の栄養状態を評価し、適切にアドバイスできる人材で、取得のための通信講座は厚生労働省のガイドラインに完全準拠しています。平成24年度より、国立健康栄養研究所認定のNR(Nutritional Representative:栄養情報担当者)と日本臨床栄養協会認定のサプリメントアドバイザー(SA)が統合され、新たに「NR・サプリメントアドバイザー」としてスタートしました。認定団体は「日本臨床栄養協会(日本サプリメントアドバイザー認定機構)」。本学運動栄養学科は、平成25年度から協会より学校会員として登録・承認されており、サプリメントアドバイザーの質の確保および向上を図るために認定試験制度と更新制度により認定が行われます。協会所定の通信講座を受講し必要単位を取得後、認定試験に合格することで取得できます。

仙台大学では、以下の資格の取得も支援しています。

日本サッカー協会公認C級コーチ
日本サッカー協会公認C級コーチは、サッカーの基本的な指導(主な対象は12歳以下)ができる人材です。養成講習会は、満18歳以上で、これからサッカー指導者を志す者が受講できます。

幼少年体育指導士
日本発育発達学会認定の資格です。体育・スポーツ科学の専門的な知識と技能を備え、子ども理解にたって幼少期の運動指導ができる人材として認定されるものです。同学会と学生が直接連絡をとり取得しますが、本資格に詳しい本学教員が学生からの質問を受けるなどで支援します。

Copyright © 2007 SENDAI UNIVERSITY. All Rights Reserved.