仙台大学体育学部

使命・目的

■ 仙台大学体育学部の使命・目的

仙台大学学則 第2条

 本学は、体育・スポーツ、健康福祉、運動栄養、スポーツ情報マスメディア、現代武道及び子ども運動教育に関する諸科学を教授研究し、当該分野における指導者としての専門的知識と技能を体得させるとともに、高い識見と広い視野とをもって、社会の指導的な役割を果し得る有能な人材を育成することを目的とする。

仙台大学体育学部の3つのポリシー

○ 仙台大学体育学部の教育上の目的

仙台大学体育学部は、体育学を共通の教育研究基盤とし、各種専門分野の知見を合わせ教育研究していくべく、「体育学科」「健康福祉学科」「運動栄養学科」「スポーツ情報マスメディア学科」「現代武道学科」および「子ども運動教育学科」の6学科を有し、それぞれ「体育学」「健康福祉学」「運動栄養学」「スポーツ情報マスメディア学」「現代武道学」および「子ども運動教育学」の各学士の学位を授与しております。

その建学の精神は、仙台大学を設置する学校法人朴沢学園の創始者 朴澤三代治の「実学と創意工夫」という教育思想に基づいており、それを基盤に「スポーツ・フォア・オール」を教育理念として掲げ、学生一人一人の持つ無限の可能性を導き出すことに主眼を置いた真の人間形成を促す教育を展開することを教育の目標としております。

ここでいう教育理念、「スポーツ・フォア・オール」とは、障がいの有無を問わず、また、性の違いを問わず、乳幼児から高齢者までのあらゆる世代を対象にして、体育・スポーツおよび健康の推進とその科学的な知見を追究するという教育理念であり、仙台大学の創立以来の教育の基幹となるものです。

また、ここでいう「体育学」とは、「体育・スポーツ学分野の教育の質の保証における参照基準」(平成23年10月18日全国体育系大学学長・学部長会)における「身体運動を起点とする視座から、体育、スポーツ、健康という社会事象について、合理的な実践方法や発展方策などを講じる学問」という考え方を踏まえ、広義の「体育、スポーツおよび健康分野」を対象とする教育研究としております。

体育学部

  1. 卒業の認定に関する方針(ディプロマポリシー)

    仙台大学体育学部は、建学の精神「実学と創意工夫」を基盤に「スポーツ・ファア・オール」を教育理念として、学生一人一人の無限の可能性を導き出す真の人間形成を促す教育を展開し、体育学の基盤的な分野、すなわち、体育・スポーツ及び健康分野において専門的な知見・技能を有して活躍できる人材を育成することを目標としています。

    すなわち、教育分野を含む体育・スポーツ及び健康領域での指導に携わる人材、体育・スポーツ及び健康分野の産業等に携わり、各分野で組織の目標達成・業績向上や職場の人間関係の構築・深化などに寄与するに足る能力・識見を身につけた学生に対して学位を授与します。

    仙台大学体育学部では、この人材育成目標を達成するため、本学のアドミッションポリシーに沿って受入れた学生に対して、卒業までに次のようなことを修得することを求めています。

    本学のカリキュラムポリシーのもと、本学の教育理念・教育目標に沿って設定した授業科目、さらには学内外における体育・スポーツ活動や社会貢献活動を通じて、

    • その授業科目を履修して卒業要件単位数を修得することができること
    • 体育・スポーツ及び健康分野についての専門的知識・技能を修得するとともに、それらを実践・応用する力を身につけることができること
    • 現代社会において体育・スポーツ及び健康分野の学問が果たすべき役割を理解し、課題探究力、問題解決力、コミュニケーション能力などを総合的に身につけることができること

    以上に加え、各学科においては、次の資質・能力を身につけることが求められ、これらを修得した学生に授与します。

    • 体育学科
      • 専門分野としてコーチング、トレーナー、マネジメントの各コースの中から1分野を選択し、そのコースでの多面的な履修を通じて卒業後社会で専門性を発揮できる力と専門的な学修能力を養うとともに、すべての人の健康増進やスポーツ選手の競技力向上に必要な体育・スポーツに関する深い知識と感性を有し、これを実践できる力を身に付けること
      • その上で、生涯スポーツの観点における運動・スポーツに関する専門性が果たすべき役割を深く理解すること

    • 健康福祉学科
      • 健康福祉の関連分野を修得し、多面的な履修を通じて卒業後社会で専門性を発揮できる力と専門的な学修能力を養うとともに、子どもから高齢者、障がい児・者、生活習慣病のある人全ての健康増進に必要な健康と福祉およびスポーツに関する深い知識と感性を有し、これを実践できる力を身に付けること
      • その上で、現代社会において健康と福祉およびスポーツに関する専門性が果たすべき役割を深く理解すること

    • 運動栄養学科
      • 栄養学の関連分野を修得し、多面的な履修を通じて卒業後社会で専門性を発揮できる力と専門的な学修能力を養うとともに、すべての人の健康増進やスポーツ選手の競技力向上に必要な運動・スポーツと栄養に関する深い知識と感性を有し、これを実践できる力を身に付けること
      • その上で、現代社会において運動・スポーツと栄養に関する専門性が果たすべき役割を深く理解すること

    • スポーツ情報マスメディア学科
      • スポーツ情報の関連分野を修得し、多面的な履修を通じて卒業後社会で専門性を発揮できる力と専門的な学修能力を養うとともに、すべての人の健康増進やスポーツ選手の競技力向上に必要な運動・スポーツと情報の活用に関する深い知識と感性を有し、これを実践できる力を身に付けること
      • その上で、現代社会において運動・スポーツとスポーツ情報に関する専門性が果たすべき役割を深く理解すること

    • 現代武道学科
      • 武道学及び武道の応用展開をベースとする社会の安全・安心に関わる領域(現代社会の多様なリスク・危機を踏まえた警護・警備等)に卒業後社会で専門性を発揮できる力と必要な基本的な学修能力を身につけ、それを実践できること
      • その上で、現代社会においてわが国の伝統文化としての武道や海外における武道さらに、社会の安全・安心に貢献できる役割を深く理解すること

    • 子ども運動教育学科
      • 教育学・保育学の関連分野を修得し、多面的な履修を通じて卒業後社会で専門性を発揮できる力と専門的な学修能力を養うとともに、幼児の運動遊びの支援・助長に深い知識と感性を有して、保育・幼児教育に従事する上での専門的な知識を修得し、これを実践できる力を身に付けること
      • その上で、現代社会において幼児の運動遊びの支援・助長に深い知識と感性を有して、保育・幼児教育上、果たすべき役割を深く理解すること

  2. 教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラムポリシー)

    仙台大学体育学部では、人材育成目標を達成するため、本学のディプロマポリシーを達成するために、次のような教育課程を編成しています。
    教育課程は、『教養教育』と『専門教育』の2つに大別されています。

    • 『教養教育』は、6学科共通の「教養基礎科目」、「教養展開科目」、「海外文化科目」及び「人生設計科目」の各科目から構成されています。これらの科目を履修することにより、自らの専門領域の勉学を進めていくためにも、さらに健全な社会生活を送るためにも、身につけておくべき基礎的な知識や技能を幅広く習得することになります。
      提供される科目の主なねらいはつぎのとおりです。
      「教養基礎科目」:
      大学生としての自覚を高めるとともに、高校でも習得してきた勉学およびコミュニケーションに関する基礎的技能のさらなる伸長をめざします。
      「教養展開科目」:
      人文、社会、自然の3分野の教養を幅広く身につけるとともに、課題に沿って勉学や研究を主体的に取り組むことができる技能の習得をめざします。
      「海外文化科目」:
      英語をはじめとした各種外国語の習得を通じて各国文化への理解を深め、グローバルな視点での見方・考え方ができる態度を養います。
      「人生設計科目」:
      充実した学生生活、さらに卒業後社会人として生きていくための方向づけを促し、深めることをめざします。
    • 『専門教育』は、各学科において、人材育成に向け特色のある編成となっています。体育学の基礎と各学科の学問分野の基礎となる「専門基礎科目」、そして、これらを基礎としてそれらの応用力を習得する「発展科目」や「応用科目」と、基礎から発展・応用という形で順次性をもった構成となっており、体系的に専門的な知識や技能を習得することになります。
    • また、教員免許状を取得するために必要な「教職に関する科目」、学科を超えて履修できる「自由科目」も設置されています。

    以上の教養教育及び専門教育の学習に先立ち、入学直後から、本学のアドミッションポリシーに沿って受入れた多様な入学者が自ら学習計画を立て主体的に大学での学習に取り組むことのできるような学習方式の修得を初年次教育に取り入れることとしています。

    さらに、教師・学生間の討議を通じた課題解決型講義をはじめ学生の能動的な学修を促す教育内容・方法を取り入れるとともに、学習到達度について評価の観点、基準、尺度、課題の各要素に着目して具体的に把握していくルーブリックの導入等、実効ある学習成果の評価方式を導入することとしています。

    以上に加え、各学科では、上記の本学共通のカリキュラムポリシーで示されている教育課程の編成をベースに、次の通り、各学科の専門教育を反映したカリキュラムを用意しています。

    • 体育学科
      「スポーツコーチング」「スポーツトレーナー」「スポーツマネジメント」の三つのコースを設置し、専門性の高い教員による体育・スポーツ科学に関する講義に加え、実社会を念頭に置いた多様な課題を追究する演習や実習などに主体的に参加することによって、コース毎に専門分野の知見・技能の修得及び関連資格が取得できるよう配慮したカリキュラムを用意しています。
      <スポーツコーチング・コース>
      1. 現代のスポーツにおけるコーチングや学校教育における体育指導についての専門的な知識を修得する科目
      2. スポーツコーチングや体育指導の演習・実習を通じ、トップアスリートを育成指導する者や競技スポーツにおける専門的指導者になるために必要な知識・技能の実践・活用法を修得する科目
      3. スポーツや体育の実践の場を想定し、専門的な知識や技術を修得する科目
      4. スポーツや体育を科学的に研究し、科学的方法に基づいたスポーツコーチングや体育指導を行える者を育成する科目
      <スポーツトレーナー・コース>
      1. スポーツ傷害の予防や評価、管理、アスレティックリハビリテーション等を実施するための専門的な知識を修得する科目
      2. 健康・体力づくりや競技力向上に関わるトレーニングのサポートを実施するための専門的な知識を修得する科目
      3. @.及びA.の専門的な知識に基づく身体の構造・機能の評価およびトレーニングプログラムを作成するための応用力を修得する科目
      4. スポーツトレーナーとして活動するうえで必要となる実技・技術の修得及び実践力を修得する科目
      5. スポーツトレーナーとしての専門的知識やそれをベースにした応用力をスポーツ現場にて発揮するための実践的科目
      <スポーツマネジメント・コース>
      1. スポーツ事業・スポーツ組織や施設の経営・管理において必要となる専門的な知識を修得する科目
      2. 野外・レクリエーションの現場で求められる技術とマネジメント能力、アウトドアスポーツやレクリエーションに関する専門的知識を修得する科目
      3. 専門的な知識を踏まえたスポーツに関する企画と運営を行うための応用力を修得する科目
      4. 幅広いスポーツ関連現場での企画、運営、評価、改善といった一連のマネジメントが行える実践力を修得する科目
      5. スポーツマネジメントにおける専門的知識や技術、応用力を幅広いスポーツ関連現場にて発揮するための実践的科目
      ●将来の進路
      保健体育教諭、専門学校教諭、各種公務員、各種スポーツの指導者・コーチ・インストラクター、スポーツトレーナー、スポーツ組織・クラブ等のマネジャー、レクリエーションや野外教育の専門スタッフ、一般企業ほか

    • 健康福祉学科
      子どもから高齢者に至るあらゆる世代を対象に、また、障がい児・者を対象に、その心身及び健康に関する幅広い知識や技能を学ぶと共に、あらゆる人々を対象にした本学独自の「健康づくり運動サポーター」の活動を基に安全で効果的な楽しい運動指導法や実践力を学生が主体的、創造的に修得できよう、また、関連資格が取得できるよう配慮したカリキュラムを用意しています。
      1. 運動・スポーツに関する専門的な知識・技能の基盤を修得する科目
      2. 心身の健康や福祉に関する専門的な知識を修得する科目
      3. 健康福祉、教育等の領域で運動指導や健康支援、スポーツ指導のための実践力を身につける理論、実技、演習等の科目
      4. 教職に関する科目の他、高齢者の健康維持や介護に関する専門的な知識・技能を修得する介護福祉士・社会福祉士資格関連科目
      ●将来の進路
      介護福祉士、社会福祉士、障害者スポーツ指導員、保健体育教諭、福祉科教諭、特別支 援学校教諭、養護教諭、健康運動指導士、健康運動実践指導者、福祉レクリエーションワ ーカー、各種公務員、一般企業ほか

    • 運動栄養学科
      運動・スポーツと栄養に関する幅広い知識や技能、これらを通じてすべての人の健康増進やスポーツ選手の競技力向上に寄与できる実践力の修得、更に、本学独自の「運動栄養サポート研究会」の活動をはじめ、運動・スポーツの現場に密着した体験型の教育活動を通じて、学生による主体的、創造的な学びができるよう、また、関連資格が取得できるよう配慮したカリキュラムを用意しています。
      1. 運動・スポーツに関する専門的な知識・技能の基礎を修得する科目
      2. 運動・スポーツと栄養の関わりを専門的に学ぶスポーツ栄養学関係の科目
      3. スポーツ選手の競技力向上をめざした栄養サポートを実践するうえで必要な専門的な知識・技能を、実際の体験を通じて主体的に修得する科目
      4. 教職に関する科目の他、栄養や栄養指導に関する専門的な知識・技能を修得する栄養士資格関連科目
      ●将来の進路
      栄養士、栄養教諭、保健体育教諭、スポーツのインストラクター・コーチ、専門学校教 諭、各種公務員、一般企業ほか

    • スポーツ情報マスメディア学科
      求められるスポーツ情報を迅速に、かつ効果的に「収集・分析・加工(編集)して伝える」ことを学べるよう「情報戦略」と「マスメディア」の二つの履修モデルを設け、いずれの履修モデルにおいてもスポーツ界の様々な現場で即戦力となれるよう、授業の多くに体験型の学習、演習形式を取り入れると共に、関連資格が取得できるよう配慮したカリキュラムを用意しています。
      1. 運動・スポーツに関する専門的な知識・技能や学校教育における体育指導についての基礎を修得する科目
      2. スポーツ情報に関する専門的な知識・技能を修得する科目
      3. 競技現場やメディアでの演習からスポーツ情報の実践・活用法を修得する科目
      4. スポーツ情報戦略を専門的に学び、競技力向上を目指した情報の収集・分析・伝達を実際の体験を通じて主体的に修得する科目
      5. スポーツマスメディアを専門的に学び、スポーツ情報を適切に扱うための取材・編集(加工)・提供を実際の体験を通じて主体的に修得する科目
      ●将来の進路
      保健体育教諭、スポーツデータ(情報戦略)アナリスト、スポーツ記者、スポーツ団体等の広報スタッフ、各種公務員、一般企業ほか

    • 現代武道学科
      体育学を基に、武道教育と武道の応用展開としての社会の安全・安心の確保に関する科目を幅広く学修すると共に、関連資格が取得できるよう配慮して、授業では段階的かつ体験的に学べるように実技・演習形式を多く取り入れ、学生自らが創造的、主体的に取り組めるようなカリキュラムを用意しています。
      1. 現代の武道や学校教育における武道指導についての専門的な知識を修得する科目
      2. その基盤となる体育・スポーツ及び健康分野での体育・スポーツ健康科学関係科目
      3. 武道実技や武道の応用展開としての演習・実技を実践し、基本的知識や専門的な身体運動の技術を身につけ実践力を修得する科目
      4. 海外における武道実習・実技の体験を通して技術や文化価値を知る機会を得る独自のプログラムを設定した国際交流を推進している科目
      5. 武道の応用展開としての社会の安全・安心の確保に関する科目(現代社会の各種リスク・危機を踏まえた警護・警備等)
      ●将来の進路
      保健体育教諭、武道指導者、警察官等各種公務員、警備会社警備員、スポーツ施設警備関係職員、一般企業など

    • 子ども運動教育学科
      幼児期の子どもの運動遊びの支援・助長に関する教育を「体育学」の領域を基盤として行うとともに、幼児期の子どもの発育発達に係る「教育学・保育学」にまたがる領域をも取り込み、この分野の実践的な学習を通じ、幼稚園教諭、保育し、幼児体育指導者などを養成するカリキュラムを用意しています。
      1. 幼児期の子どもの運動遊びを軸とした保育・幼児教育について専門的知識・技能を修得する科目
      2. その基盤となる体育学の領域での体育・スポーツ健康科学関係科目
      3. 子どもの運動あそびを軸として幼児期の子どもの発育発達段階を踏まえた保育や幼児教育を進める上で必要となる教育学・保育学の領域での科目
      4. 教育学、保育学の一環での保育上の表現技術及び保育実習の内容を理解する科目
      5. 地域社会や各家庭の保護者への運動遊びを軸とした保育や幼児教育の指導を行える者を育成する科目
      6. 教職に関する科目の他、就学前の幼・小児の保育に関する保育士資格関連科目
      ●将来の進路
      幼稚園教諭、保育士、幼児体育指導者、各種公務員、一般企業ほか

    ● 本学の学部及び各学科のカリキュラムポリシーに基づく科目履修により取得できる免許・資格
    上記の学部及び各学科のカリキュラムポリシーに基づく科目履修により取得できる教員免許資格及びその他の各種資格をまとめれば、次表の通りである。

  3. 入学者の受入れに関する方針(アドミッションポリシー)

    <求める学生像>
    仙台大学体育学部では、本学のディプロマポリシーを達成するために、以下のような学生を求めます。

    だれよりもスポーツが好きで、

    • 本学の建学の精神と教育の理念を理解し、意欲的に仲間と協働で学ぶ意志がある人
    • 意欲的に体育・スポーツ及び健康分野の専門的知識や技能を習得し、卒業後、関連する分野において、その能力・識見を活かしていこうとする意志がある人
    • スポーツ活動や社会貢献活動に意欲的に取り組む意志がある人
    • 卓越した競技力を獲得するために努力を惜しまない人

    なお、本学で体育・スポーツ及び健康分野について学びその専門的知識や技能を習得するにあたっては、高等学校までに修得した幅広い教科の基礎的学力(基礎的な知識・技能、思考力・判断力・表現力等の能力、主体性を持って学ぶ態度)を身に付けておくことを望みます。

    以上を踏まえ、本学では、AO入試、推薦入試、一般試験という入試方式を通じて「学力の3要素」の各要素についてバランス良く多角的な視点から評価し、個々人の有用な能力を生かしうる学生の受け入れを行うこととしています。

    以上に加え、各学科では、次のような特性を持った学生を求めます。

    • 体育学科
      自他ともに認めるスポーツ好きで、体育・スポーツへの興味関心が高く、将来は、体育・スポーツ領域でのコーチング・トレーナー・マネジメントなど関連分野の専門家になりたいという強い意志がある方

    • 健康福祉学科
      スポーツが好きで、健康福祉分野に興味・関心を持ち、物事に積極的に取り組み、かつホスピタリティーマインドがあり、将来は、これら関連分野の専門家になりたいという強い意志がある方

    • 運動栄養学科
      スポーツが好きで、運動・スポーツと栄養の関わりに強い興味と関心を持ち、将来は、これら関連分野の専門家になりたいという強い意志がある方

    • スポーツ情報マスメディア学科
      スポーツが好きで、スポーツの中の情報を知り、分析し、伝えることに強い関心を持ち、将来は、それらに関わる職業に就くことを志す方

    • 現代武道学科
      スポーツ好きで、特にわが国の伝統文化である武道に興味を持ち、また、武道の応用展開の修得を通じ社会の安全・安心に関して強い関心があり、将来は、体育・スポーツ・武道の専門的指導者や社会の安全・安心を担う業務分野に就きたいという強い意志を持つ、明るく礼儀正しい方

    • 子ども運動教育学科
      スポーツが好きであり、子どもと時間を過ごすことが好きで、子どもとの運動や遊びの支援・助長を通じ、将来は、幼児の教育・保育、幼児体育指導に携わりたいという強い意志を有している方

PAGE TOP

Copyright © 2007 SENDAI UNIVERSITY. All Rights Reserved.