仙台大学体育学部

使命・目的

■ 仙台大学体育学部の使命・目的

仙台大学学則 第2条

 本学は、体育・スポーツ、健康福祉、運動栄養、スポーツ情報マスメディア及び現代武道に関する諸科学を教授研究し、当該分野における指導者としての専門的知識と技能を体得させるとともに、高い識見と広い視野とをもって、社会の指導的な役割を果し得る有能な人材を育成することを目的とする。

 仙台大学では、ディプロマポリシー、カリキュラムポリシー、アドミッションポリシーを合せたものとして、以下の通りにまとめています。尚、アドミッションポリシーは入試要項にも示してあります。

体育学科健康福祉学科運動栄養学科スポーツ情報マスメディア学科現代武道学科

体育学科学科紹介のページへ

ディプロマポリシー
 体育・スポーツの普及や振興に対する多様なニーズに応えうる、心身ともに健康な人材の育成を目指します。具体的には、(1) トップアスリートおよび競技スポーツにおける専門的指導者(スポーツコーチ)、(2)スポーツ選手や愛好者の心身のコンディションを高めることができるスポーツトレーナー、(3)スポーツ組織や事業を顧客の視点から運営することができるスポーツマネジャーとしてスポーツ界で指導的な役割を果たしうる人材、あるいはそれらの知識・技能を活かしつつ学校体育の現場で活躍できる保健体育教諭を育てます。

カリキュラムポリシー
体育学科では「スポーツコーチング」「スポーツトレーナー」「スポーツマネジメント」の三つのコースを設置し、将来のキャリアに直結した関連資格が取得できるよう配慮したカリキュラムを用意しています。最先端のスポーツ科学に関する講義のほか、実社会に近い立場で多様な課題を追究する演習や実習などに主体的に参加することによって、豊かな人間性が培われ、体育・スポーツ界で求められる多様な知識や技能、判断力が身につきます。

アドミッションポリシー
「スポーツが好き」で、将来は体育・スポーツの専門家になりたいという強い意志がある方の入学を望みます。


健康福祉学科学科紹介のページへ

ディプロマポリシー
高齢者、障害児者、生活習慣病のある人などを含め「すべての人に対する運動を手段とした健康増進」に関わることのできる、心身ともに健康な人材の養成を目指します。具体的には、(1)健康づくりの現場で健康増進、運動療法等を実践する健康運動指導士、健康運動実践指導者、福祉レクリエーションワーカー、(2)福祉の現場で介護予防、障害者スポーツ等を実践する介護福祉士、社会福祉士、障害者スポーツ指導員、(3)教育の現場で若い世代を対象として身体活動を通した健康づくりの実践・普及を目指す養護教諭、特別支援学校教諭、福祉科教諭、保健体育科教諭として活躍できる人材などを育てます。

カリキュラムポリシー
健康福祉学科では、子どもから高齢者・障害児者の心身について幅広く学び、また、本学独自の健康づくり運動サポーターの活動を基に、安全で効果的な楽しい運動指導法を主体的に修得できるカリキュラムを用意しています。

アドミッションポリシー
健康福祉分野に興味を持ち、物事に積極的に取り組み、かつホスピタリティーマインドがある方の入学を望みます。


運動栄養学科学科紹介のページへ

ディプロマポリシー
全ての人の健康増進やスポーツ選手の競技力向上のために必要な運動・スポーツと栄養に関する最先端の知識を持ち、それを活用できる心身ともに健康な人材の養成を目指します。具体的には、(1)運動・スポーツの経験や知識を活かし、運動・スポーツの指導者と連携をとりながら栄養指導ができる栄養士、栄養教諭、(2)栄養の知識や栄養指導の実践力を持った運動・スポーツの指導者(保健体育科教諭、インストラクター、コーチなど)、(3)スポーツ栄養分野のビジネスを開拓できる人材などを育てます。

カリキュラムポリシー
運動栄養学科では、健康増進や運動・スポーツの現場に密着した体験型の教育を通して、運動・スポーツと栄養に関する幅広い知識や技能、実践力が修得できるカリキュラムを用意しています。また、授業では、教員と学生のコミュニケーションと学生による主体的、創造的な学びを重視しています。

アドミッションポリシー
運動・スポーツと栄養の関わりに強い興味と関心のある方や競技者としてスポーツに取り組んだ経験のある方の入学を望みます。


スポーツ情報マスメディア学科学科紹介のページへ

ディプロマポリシー
スポーツに関する様々な「情報」を有効に活用し、スポーツと人間の関係がより豊かになり社会に有意義なスポーツ文化を作り出せるよう、献身的に努力できる心身ともに健康な人材育成を目指します。具体的には(1)新聞・テレビをはじめとする多様なメディアに関わるスポーツ記者やスタッフ、(2)スポーツ団体や行政の広報スタッフ、(3)国際スポーツ大会などで情報を扱う情報戦略スタッフ、(4)スポーツ現場でゲームデータや選手・チームデータを収集し分析するアナリスト(5)情報を扱うことに精通した保健体育科教諭などとして活躍できる人材を育てます。

カリキュラムポリシー
スポーツ情報マスメディア学科では、求められるスポーツ情報の内容や受け手によって情報を適切かつ効果的に「収集・分析・加工(編集)し伝える」ことを学びます。そしてこれらを学びやすいように「情報戦略」「マスメディア」の二つの履修モデルを設けています。またスポーツ界の現場を肌で感じられるよう授業の多くに体験型の学習、演習形式を取り入れ、学生自らが創造的、主体的に学習に取り組めるよう配慮しています。

アドミッションポリシー
「スポーツ情報」を知り、伝えることに強い関心を持ち、それに関わる職業に就くことを強く志向するものの入学を望みます。


現代武道学科学科紹介のページへ

ディプロマポリシー
現代における武道の科学的な知識を学び、学校教育における児童・生徒に武道を介しての道徳教育や教育現場での総合的な安全教育を併せて担当できる専門的指導者の養成、武道の応用展開として現代的な価値を加味した内容を体系的に学び、社会の安全・安心を担う基幹的な人材の育成を図ります。具体的には、保健体育教諭、武道指導者、警察官、消防士、皇宮護衛官、国会警備職、刑務官、自衛官、警備会社警備員、スポーツ施設警備関係職員などとして活躍できる人材を育てます。

カリキュラムポリシー
現代武道学科では、体育・スポーツ・武道さらに社会の安全・安心をキーワードに、スポーツ科学関連、武道教育、武道をベースとする社会の安全・安心の確保に関わる科目、さらに、学校教育に関して幅広く学び、また、武道の実技や実習では日本の伝統文化に見られるわざと人をひとまとまりして考える指導方法や行動様式を実践的に体験して、礼儀・態度さらに心を育む内容を重視しています。

アドミッションポリシー
武道や社会の安全・安心の確保を担う分野に興味と関心があり、将来は体育・武道の専門的指導者や社会の安全・安心を担う警備警護の業務分野に就きたいという強い意志を持つ、明るく礼儀正しい方の入学を望みます。

Copyright © 2007 SENDAI UNIVERSITY. All Rights Reserved.