科目ナンバリングC-fle122J-01
科目コード545060
科目名英会話B
科目名(英語)English Conversation B
学科全学科
学年2年
学期後期
授業形態演習
必修・選択の別選択
単位数2
担当教員ジェリー パランギ
開講の別単独開講


実務経験の有無
小・中・高校生での教員経験を有する
授業の概要
このクラスは1学期から継続して行われます。授業は100%英語のみで行われます。後期に履修を希望する学生は、まず担任の先生に相談してください。社会、旅行、ビジネスなどのシチュエーションを想定したトピックを扱います。教科書は前期と同じです。定期的に口頭発表と短い筆記テストを行います。生徒は、教師とのコミュニケーションも含め、常に英語でコミュニケーションをとることが期待される。
DPとの関連性
.
体育学科のDPは下記のリンクを参照してください。
体育学科https://www.sendaidaigaku.jp/gakubu.html?post=668&name=taiiku
.
健康福祉学科のDPは下記のリンクを参照してください。
健康福祉学科https://www.sendaidaigaku.jp/gakubu.html?post=82&name=kenhuku
.
運動栄養学科のDPは下記のリンクを参照してください。
運動栄養学科https://www.sendaidaigaku.jp/gakubu.html?post=213&name=eiyo
.
スポーツ情報マスメディア学科のDPは下記のリンクを参照してください。
スポーツ情報マスメディア学科https://www.sendaidaigaku.jp/gakubu.html?post=228&name=media
.
現代武道学科のDPは下記のリンクを参照してください。
現代武道学科https://www.sendaidaigaku.jp/gakubu.html?post=243&name=gbd
.
子ども運動教育学科のDPは下記のリンクを参照してください。
子ども運動教育学科https://www.sendaidaigaku.jp/gakubu.html?post=208&name=kdm
アクティブ・ラーニングについて
課題解決型学習(PBL)
反転学修
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
授業の一般目標
前期に学習した語彙・用法の定着が期待される。リスニング力をつけるため、ネイティブレベルの指導を行う。グループワークやディスカッションを増やし、関連するトピックについて、文化的妥当性や現在の世界観に関する知識を深める。前期と同様、学生主体の授業で、流暢に話すことに重点を置く。
授業の到達目標
対象領域内容
認知的領域Ability to recall grammar / cultural rules an apply them to various situations 文法/文化的ルールを、さまざまな状況に適用できる
情意的領域Receiving/ responding phenomema/ value/ organize and characterized aspects of different cultures 異文化の価値を学び理解する
技能表現的領域スピーキング、リーディング、リスニング、ライティング、ディスカッション
授業計画(全体)
このクラスは、自信を持って文化的に流暢に英語を話すことができ、社交、旅行、ビジネスの場面でうまく立ち回れるようになることに焦点を当てた対面式のクラスです。ペア・プレゼンテーション、グループ・ワーク、ディベートを行います。
教科書はTop Notch 1を使用し、教科書と連動したオンラインアプリケーションを定期的に使用します。
授業中の指示はすべてわかりやすい英語で行われます。教室外での英語でのコミュニケーションは大いに奨励します。
授業計画(各回のテーマ等)
Noテーマ内容授業外学修時間数
1.OrientationClass grading and guidelines. Topic based speaking activityVacation presentation, MELLesson 14時間
2.Unit 6 - Plan an activityPlan an activity Exercises & expressions organizing an activityConversation presentation,MEL Lesson4時間
3.Discuss fitness & eating habitsPlan an activity, habitual activitiesConversation presentation,MEL Lesson4時間
4.Describe routinesReading comprehension, discussionPresentation "What makes a champion"4時間
5.ReviewListening, grammar, presentationsTextbook + MEL Unit 6 review4時間
6.Unit 9 - Taking transportUnit 6 test. Discuss schedules and buying ticketsConversation presentation,MEL Lesson4時間
7.Airport announcementsUnderstand airport announcementsMEL - Lesson 34時間
8.Transport problemsReading comprehension, critical thinkingMEL - Lesson 44時間
9.ReviewListening, grammarTextbook + MEL Unit 9 review4時間
10.Unit 10 - Ask for a recommendationAsk for a recommendationConversation presentation,MEL Lesson4時間
11.BargainingHow to bargain for a lower priceConversation presentation,MEL Lesson4時間
12.Showing appreciationDiscussion, comprehension, debateDebate preparation + MEL - Lesson 34時間
13.Finding best dealsListening comprehension, small group debatePresentation preparation4時間
14.NotepaddingIntroducing the best places in your cityDebate preparation4時間
15.ReviewListening & grammar, small group debateTextbook + MEL Unit 10 review4時間
16.Course evaluationUnit test and course evaluation4時間
成績評価方法(方針)
Students must attend 2/3 of all classes, scoring 60% or over in their final score for credit. 出席率が2/3以上であること。総合評価の60%以上で単位習得可。
成績評価方法(詳細)
到達目標\評価方法認知的領域情意的領域技能表現的領域評価割合(%)
定期試験25%
授業内レポート評価対象外
授業外レポート15%
演習・実技30%
授業態度30%
出席欠格条件
レポートの実施・返却(方針)
口頭発表については、発音、流暢な話し方、アイコンタクト、リズムが重要です。口頭発表は暗記しなければならないが、パワーポイントでの発表の場合は「キューカード」でも可。クラスでの発表はすぐにフィードバックされます。
履修上の注意(受講学生に望むこと)
・大学設置基準で求められている時間の授業時間外学修を行うこと。
本気で英会話を上達させたい方は、ぜひご参加ください。すべての生徒が毎レッスン英語で話すことが要求されるので、コミュニケーションとやる気が必要です。英語が得意である必要はありませんが、学ぶ姿勢とモチベーションは必要です。
関連科目
英会話A,英会話C, ことばと人間B
教科書
書名著者出版社出版年
01TOP NOTCH (3E)1: SB
+MEL
JOAN SASLOW ALLEN ASCHERPEARSON2015
参考書
書名著者出版社出版年
01なし
オフィスアワー
A棟511 水曜日8:40~10:10                                                          Email: j-parangi@sendai-u.ac.jp
その他
なし
備考
感染症や災害の発生時の非常時には、授業形態をオンラインに変更する場合がありますので、
大学の指示に従い受講して下さい。