科目ナンバリングC-fye112J-01
科目コード151110
科目名導入演習
科目名(英語)Seminar of Introduction
学科健康福祉学科
学年1年
学期前期
授業形態演習
必修・選択の別必修
単位数2
担当教員高橋  亮
開講の別単独開講


実務経験の有無
-
授業の概要
導入演習は大学生活をうまくスタートさせるための授業であり、学習や生活面で少しでも早く新しい環境に慣れるよう支援していきます。学生相互の交流を促し、授業の仕組み学習の仕方を説明し、仙台大生になっていくための意識化を図っていきます。
DPとの関連性
.
体育学科のDPは下記のリンクを参照してください。
体育学科https://www.sendaidaigaku.jp/gakubu.html?post=668&name=taiiku
.
健康福祉学科のDPは下記のリンクを参照してください。
健康福祉学科https://www.sendaidaigaku.jp/gakubu.html?post=82&name=kenhuku
.
運動栄養学科のDPは下記のリンクを参照してください。
運動栄養学科https://www.sendaidaigaku.jp/gakubu.html?post=213&name=eiyo
.
スポーツ情報マスメディア学科のDPは下記のリンクを参照してください。
スポーツ情報マスメディア学科https://www.sendaidaigaku.jp/gakubu.html?post=228&name=media
.
現代武道学科のDPは下記のリンクを参照してください。
現代武道学科https://www.sendaidaigaku.jp/gakubu.html?post=243&name=gbd
.
子ども運動教育学科のDPは下記のリンクを参照してください。
子ども運動教育学科https://www.sendaidaigaku.jp/gakubu.html?post=208&name=kdm
アクティブ・ラーニングについて
課題解決型学習(PBL)
反転学修
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
授業の一般目標
修学生活の設計を立て、コミュニケーションや学習スキルを身につけ、「高校生」から「大学生」へそして「仙台大生」としての意識を高めていくことができる。
授業の到達目標
対象領域内容
認知的領域テーマに合った内容を理解し、具体的内容を説明できる。
情意的領域積極的に参加し、仲間と協力して行うことができる。
技能表現的領域修学生活の計画を作成でき、テーマごとの発表等の技術を身につけ、表現できる。
授業計画(全体)
実施内容により、個別学習、小グループでの演習、クラスでのディベート、クラス合同の授業など、異なった形態で行います。
授業計画(各回のテーマ等)
Noテーマ内容授業外学修時間数
1.ガイダンス導入演習のねらい、本授業の流れ、時間割の作り方について説明する。 自らの大学生活について考え履修登録表を作成する。4時間
2.親睦やや詳しい自己紹介、あるいはペアの相手をクラス全員に紹介するなど、新しい仲間とのコミュニケーションを図る。新しい仲間と履修登録表を互いに確認してみる。4時間
3.仙台大学の英語カリキュラムについて英語関連科目のカリキュラムについて、説明を行う。これからの大学での英語の学習について考える。大学で英語を学習するかについて自分で考えてみる。4時間
4.英語プレイスメントテスト後期科目「総合英語A」のクラス分けのためのプレイスメントテストを行う.。自分の英語力について自己評価してみる4時間
5.修学と生活の設(1) 学習方法、生活の仕方などについて先輩の体験談を聞き、または話し合いながら、大学生活の見通しを立てる。卒業までの計画や目標について考えてみること4時間
6.修学と生活の設計(2)卒業までの計画・目標、前期の計画・目標を設計する。これまでの生活を振り返り、目標の確認をしてみること4時間
7.大学と大学生Ⅰ学科長の講話。仙台大学の歴史も紹介する。仙台大学の歴史について自分でも調べておくこと4時間
8.大学と大学生Ⅱ(0)自学・自習支援システムの活用とスポーツテストの実施。※ スポーツテストは4週の期間のいずれかで実施"大学での学習に必要な基礎的事項について確認しておくこと4時間
9.大学と大学生Ⅱ(1)「いまどきの大学・いまどきの大学生―ユニヴァーサル化」のテーマで、大学生であることの意味について考える。テキストに出てくる漢字や用語について事前に調べておくこと4時間
10.大学と大学生Ⅱ(2)「大学で身につけるべきこと―学士力」についてグループで話し合うなど、グループ活動を行う。テキスト等に出てくる漢字や用語について調べておくこと4時間
11.大学と大学生Ⅱ(3)「教員と学生が共に作る大学」について、グループで話し合う。 授業の復習4時間
12.体育大生とモラル(1)体育大生とその他の学生との違い、体育大生のモラルについて考える。事前に資料を読んでおくこと4時間
13.体育大生とモラル(2)資料に基づきグループ内で意見を出し合いディスカッションする。発表資料の作成など、発表準備をする。 4時間
14.体育大生とモラル(3)プレゼンテーションの仕方、レジュメの作り方を説明し、グループで発表用資料を作成する。発表資料の作成など、発表準備をする。4時間
15.体育大生とモラル(4)クラス内の発表会を行い、相互に評価する。発表資料の作成など、発表準備をする。4時間
16.まとめ及び後期に向けてこれまでの演習内容をまとめ、必要に応じて内容を補足する。前期を振り返り、夏休みの過ごし方について各自作成する。これまでの資料などに目を通しておくこと4時間
成績評価方法(方針)
出席を重視する。授業の受講態度、授業内レポート、宿題・授業外レポート、作業への取り組みや発表などを参考にして、総合的に成績評価を行う。成績評価のためには3分の2以上の出席が必要である。授業内レポート、宿題・授業外レポート等の返却を希望する者に対しては、各担任が解説を交えて返却する。
成績評価方法(詳細)
到達目標\評価方法認知的領域情意的領域技能表現的領域評価割合(%)
定期試験評価対象外
授業内レポート25%
授業外レポート25%
演習・実技25%
授業態度25%
出席欠格条件
レポートの実施・返却(方針)
レポート実施する場合は、授業内で指示をします。
履修上の注意(受講学生に望むこと)
・大学設置基準で求められている時間の授業時間外学修を行うこと。
・2/3以上の出席がない学生は、単位を修得することが出来ない
・自己学習(時間外学習、ボランティア活動等)の成果や授業中のテーマに関する自らの考えについても積極的に発表することを期待する
・クラスの合同発表の場合は、実施教室等は掲示により周知する
・実施上の都合により、進行順や教材を変更する場合がある
関連科目
キャリアプランニングⅠ、情報処理、学習基礎演習
教科書
書名著者出版社出版年
01オリエンテーション時に資料を配布
参考書
書名著者出版社出版年
01オリエンテーション時に資料を配布
オフィスアワー
各担任の時間帯を確認すること
その他
オンラインで対応する場合は、改めて周知いたします。
備考
感染症や災害の発生時の非常時には、授業形態をオンラインに変更する場合がありますので、
大学の指示に従い受講して下さい。