警察官採用試験に強い『仙台大学』

~「警察官になりたいっ」から「絶対警察官になります。!!」へ~



 4月12日(金)仙台大学学生食堂前にて宮城県大河原警察署広報ユニット「SAKURA」による警察官業務紹介イベントが行われました。
 宮城県警では、今年度から採用試験の回数を年1回から年2回に増やし、警察官志望の学生にとってはチャンスが広がりました。学生食堂に行き交う学生達の中でも将来警察官を目指している学生は、自ら特設スペースの説明会ブースへと足を進め、真剣な表情で説明に聞き入っていました。現代武道学科3年生の学生は、「採用試験まで後1年あるなと漠然と考えていましたが、直接説明を聞いたことで改めて夢への実現に向けて頑張らなければいけない。」と気を引き締めていました。また、パトカー乗車体験コーナーでは次々と学生達が興味深そうに乗車を体験していました。その中にはフィンランドから短期留学で訪れている学生もおり、笑顔で乗車していました。
<入試創職室>
 

H31年3月卒業生:32名が警察官採用試験に合格。(延べ人数)