平成30年度コーチング学会奨励賞を受賞しました



この度、下記の論文が、平成30年度コーチング学会奨励賞を受賞しました。
 
岡田成弘・坂本昭裕・川田泰紀・堀松雅博(2018)
遠征型キャンプが小中学生の自然に対する態度に及ぼす効果:滞在型キャンプ及びキャンプ不参加者との比較
コーチング学研究第31巻第2号
 
 先月開催された日本コーチング学会第30回大会で、賞状を受け取ってきました。 
 この研究は、私の博士論文の中心的な課題の一つで、学生時代のキャンプ指導実践を通して、ぼんやりとしていた「何か」を、ようやく具現化できた研究でした。
 分析したデータは2015・2016年のものですが、そこに至るまでには何年もの試行錯誤があり、多くの方の協力があって形になったもので、このような形で評価され、非常に嬉しく思います。
 また、他の専門領域(野外以外の学会)で評価されたことも、とても嬉しいことで、更には、仙台大学で実践・研究を共にした修了生の川田と堀松の名前が入った論文が受賞されたことも、指導教員としては嬉しいことです。
 学会奨励賞の名に恥じぬよう、よりよりキャンプ指導の実践のための研究を進めていきたいと思います。
 また、キャンプ現場だけでなく、スポーツや社会とキャンプ(野外)のつながりについても深めていきたいと思いますので、興味のある方は是非お声がけください(共同研究しましょう)。
 <岡田成弘准教授

岡田成弘准教授の紹介はこちら