エアリアル競技(フリースタイルスキー)の千葉隆人選手(スポ情2年)がユニバーシアード日本代表に選出



1月22日(火)にエアリアル競技(フリースタイルスキー)の千葉隆人選手(スポーツ情報マスメディア学科2年)が3月2日(土)~3月12日(火)まで行われる第29回ユニバーシアード冬季競技大会(クラスノヤルスク/ロシア)日本代表に選出されました。
エアリアル競技(フリースタイルスキー)は約55mの助走路を滑走し、キッカーと呼ばれる、高さ2m~4.2mのジャンプ台をジャンプし、空中で宙返りや捻りを行い着地までの演技で得点を競う競技です。
1月30日(水)には遠藤保雄学長に表敬訪問し、競技の魅力や開催国であるロシアについての会話がなされ、「初めてのユニバーシアードですが、予選の2本をしっかりと着地し、決勝に進むことが目標です」と抱負を述べてくれました。
今後は大会に向けて地元でもある北海道で練習を行う予定です。