男子サッカー部:第67回全日本大学サッカー選手権大会 2年ぶりに初戦を突破 ベスト16



第67回 全日本大学サッカー選手権大会
一回戦 仙台大学対常葉大学(11:00KO・柏の葉公園総合競技場)
◇試合結果
仙台大学4-3常葉大学(前半1-1・後半1-1・延長前半2-0・延長後半0-1)
得点者:本吉、齋藤雄、藤岡、大久保
◇試合経過
前半16分、11番齋藤のクロスを9番本吉が豪快なヘディングシュートを決め、幸先よく先制した。しかし前半36分に一瞬のすきを突かれてしまい同点となる。その後試合は動かず前半終了。後半は34分に途中出場の3番井上の正確なクロスから9番齋藤の豪快なボレーシュートで勝ち越し、1点リードを守り切れるかと思ったが、後半38分に同点にされてしまう。90分で決着が付かず延長戦に突入。延長前半6分、13分と立て続けに4番石井の正確なキックから5番藤岡、15番大久保が追加点を挙げ4-2と突き放す。延長後半ロスタイムに追加点を許してしまうが、1点を守り切り4-3で辛くも勝利を挙げることが出来た。
二回戦は関東第二代表の筑波大学との試合、前半25分までに3失点をしてしまい前半で0-3と苦しい展開となった。選手、スタッフ全員が最後の笛が鳴るまで諦めずに後半1点を返すものの、終了間際に失点をしてしまい1-4と敗れてしまった。ベスト16という結果になってしまいましたが今年の悔しさを糧に来シーズンも頑張っていきたいと思います。今シーズンも沢山のご声援ありがとうございました。
<男子サッカー部>

男子サッカー部の紹介はこちら