「平成30年度 健康づくり運動サポーター認定証書授与式」を開催





12月4日(火)に健康づくり運動サポーターの認定証書授与式を開催しました。今回は平成30年度前期の資格認定評価会で認定された初級11名、中級1名に対して認定証書が授与されました。今回を含めこれまで延べ566名が本資格を取得してきました。
初級を取得した越河栞理さん(体育学科4年)は「最初の実習ではうまくコミュニケーションをとることができなかったが、そこから1歩踏み出す勇気を学びました」。塩谷晃仁さん(健康福祉学科2年)は「コミュニケーションをとる難しさを知り、この経験を自分の夢である教員の道に活かしていきたい」。石垣美和さん(運動栄養学科2年)は「生涯健康で過ごすための運動指導ができる指導者を目指したい」と3名の学生が今後の抱負を述べてくれました。
この資格取得には、全10回の講義受講と地域の運動教室での現場実習や指導実習が必要となります。実際に地域の方々と関わりながら学生はコミュニケーション能力や指導力、ホスピタリティを身に付けます。
多くの学生がこの活動を経験し、「安全に」「元気よく」「楽しい」運動指導のできる実践力を身に付け活躍できるよう今後もサポートして参ります。
<報告:田中亨新助手> 

健康づくり運動サポーターの資格についてはこちら