柔道部:激闘の3位入賞!

~2018全日本学生柔道体重別選手権大会~



9月29日~30日の両日、日本武道館において柔道の全日本インカレ(個人戦)が開催され、本学から男子4名、女子17名が出場しました。
女子においては過去に2度日本一に輝いているものの、ここ数年は東京五輪に向け、どの大学も強化を進めており、入賞者を出すことさえ厳しい状況が続いていました。
今年も、どこに入っても厳しいと思われる組み合わせの中、57㎏級の飯塚亜美(3年・現代武道学科)が昨年敗れた相手にリベンジするなどの熱い戦いを繰り広げ、トーナメントを勝ち上がり、3位入賞を果たしました。
準決勝戦では、現全日本強化選手である香川瑞希選手(東海大)に敗れたものの、苦しい場面で我慢をし続けて3位入賞を果たしたことには大きな意義があると感じました。
また、そのほか今回は70㎏級の筒井志保(4年・体育学科)、63㎏級の高橋仁美(3年・体育学科)、52㎏級の笹原優希(2年・現代武道学科)の3名もベスト8に入賞しており、チーム上げての強化も実ってきております。
来年こそ頂点に上り詰めるべく、さらなる強化に励む所存であります!
<柔道部>