楽天生命パーク宮城にてスポーツ施設見学会が開催されました


7/21(土)に楽天生命パーク宮城において「スポーツ施設管理概論」及び「スポーツターフ管理概論」の授業の補講として施設見学会が行われました。
この授業は、スポーツ施設管理の法的規制や基本事項を学ぶとともに、県内にあるスポーツ施設を実際に見学して知識習得を促進するものであり、今春に仙台大学と楽天野球団との間で締結したアカデミックパートナーシップの一環として、楽天生命パーク宮城の見学会は初の開催となりました。
担当の小島文雄非常勤講師の引率の下、60名の学生が参加いたしました。
冒頭、株式会社楽天野球団ボールパーク本部長より、楽天野球団の戦略、スタジアムのコンセプト、安全管理体制等に関する講義を受け、その後球場や管理施設を見学し、実際に使用している天然芝生やグラウンド整備の機械や、グラウンドの芝生の生育状態を確認しました。
参加した学生からは「今回初めて開催された見学会に参加できてとても感謝しています。特に普段見ることが出来ない芝生の管理やシステムを学ぶことができたことは大変貴重な体験でした。」と感謝の声が多く上がっていました。
この見学会は今秋に第二回を開催する予定となっています。