3年生対象の就職指導個別面談の実施


  7月17日(火)14:30~F棟303教室にて健康福祉学科、現代武道学科の3年生を対象に、今後の進路を見据えた個別面談を実施しました。
 この取り組みは6月26日 体育学科(A,B,Cクラス)、7月10日 体育学科(D,E,Fクラス)7月17日 健康福祉学科、現代武道学科、7月24日 運動栄養学科、スポーツ情報マスメディア学科の4回に分けて実施し、学生に対して就職担当の教職員が面談を行い、現状の把握やインターンシップの参加促進、卒業後のキャリアを考える際の選択肢を増やすことなどを目的としています。
 本学では、正課の授業とは別に火曜日の5時限目などを利用し、年間を通じ課外講座を実施し、就職支援を行っています。夏休み明けからは、より実践的な内容とし、エントリーシートの書き方や面接対策の講座を繰り返し行っていく予定です。
 
●今回面談を受けた健康福祉学科、現代武道学科の学生の感想

鈴木和馬さん(健康福祉学科3年)
「就職活動がもうすぐそこまで迫ってきており、改めて危機感を感じました。」


貝田憲哉さん(健康福祉学科3年)
「担当された先生が本当に親身になって進路のことを考えてくれました。今後に生かしていきたいです。」


飯塚亜美さん(現代武道学科3年)
「書類の書き方や進路について考えてくださり、本当に良かった。」


金 智佑(現代武道学科3年)
「先生の話を聞いて挑戦することは大切で、興味のある所にどんどん受けていきたいです。」