2年ぶりの全国大会でのチャレンジ!~仙台大学柔道塾~

2018年5月5日こどもの日に、柔道家たちの憧れの場所であり、日本柔道総本山である『講道館』において、『第38回全国少年柔道大会』が開催され、厳しい宮城県予選を勝ち抜いた仙台大学柔道塾のちびっこ柔道家たちが県代表として大会に出場してきました。 この大会は、数ある少年柔道大会の中でも最も歴史があり、過去には本学教授である南條充寿塾長も出場し、入賞した経緯があります。 試合は5年生、6年生で5人のチームを組み、団体試合により勝利を争います。 結果は熊本県代表に0-3、新潟県代表に1-4で敗れ、惜しくも予選リーグ敗退でしたが、頼もしく成長した塾生たちを見て、この全国大会での経験が今後の子供たちの自信となり、もっと「柔道を頑張ろう」「柔道が好きになった」につなげていこうと、柔道塾スタッフ一同決意を新たにしているところであります。