2021/10/12

富谷市と包括連携協定を締結

左から朴澤泰治理事長、若生裕俊富谷市長、髙橋仁学長


 本学は10月8日、宮城県富谷市と生涯スポーツの振興や人材育成を目的とした包括連携協定を締結しました。

 締結式は富谷市役所内で行われ、本学からは朴澤泰治理事長(本学学事顧問)と髙橋仁学長らが出席し、まず、若生裕俊富谷市長から「仙台大学との包括協定により、町づくりや未来への子どもたちの育成のために、仙台大学の持つ資源により体育・スポーツの推進、市民の健康づくり等を含め様々な形で支援をお願いしたい。また、市制6年目を迎えるにあたり本協定を機に、是非、力添えを頂きたい」と本学に対する期待が込められた挨拶がありました。

 これを受け朴澤理事長より「今回の協定は、新たな人材育成、学生教育を展開できるよい機会となる。本学では、スポーツ・フォア・オールという基本理念のもと、身体活動をベースにスポーツ等を通じた人材の育成を図っている。幼児体育、部活動支援、高齢者の健康づくりをはじめとした様々な分野で連携を図り共に発展していきたい」と応えました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

仙台大学公式(@sendaidaigakuofficial)がシェアした投稿

関連記事