新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の利用等について

 COCOAとは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資する目的で、厚生労働省が開発したシステムです。
 新型コロナウイルス陽性の人と濃厚接触(正確には、その人の利用しているスマートフォン同士が、おおむね1m以内の距離で15分以上の近接した状態にあった場合)したことを検知し、登録者へ通知が届きます。
 スマートフォンの位置情報の使用は許可されていないため、「どこで接触しましたよ」という、個人を特定できそうな情報は出ず、プライバシーは十分に保護されています。 アプリから通知を受けた登録者は、自主的に隔離生活や、医療機関への受診を検討できることになります。
 COCOAは、利用者が増えることで感染防止の効果が高くなることが期待されますので、学生・教職員の皆様については、アプリをインストールして活用していただくようお願いいたします。
 特に、就職活動や遠征・大会等で県外へ出向く予定がある方や、飲食店などの接客を伴うアルバイトをしている方は、必ず登録をしてください。

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID-19 Contact-Confirming Application
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.htmlはコチラ

以下に該当する方は、帰国者・接触者相談センターに相談のうえ、その相談結果を本学健康管理センター(0224-55-1404)に報告をお願いします。また、本学健康管理センターの指示に従い、大学への登校は控えるようお願いします。
・接触確認アプリ(COCOA)で陽性者との接触が確認され、①・②のいずれかに該当した場合
①    「該当する症状あり」を選択
②    「該当する症状なし⇒身近な者に感染者等がいるかどうかの確認で【はい】を選択
・厚生労働省発表の「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について」に該当する場合
関連記事