日本野外教育学会第22回大会で、本学教員の髙橋徹講師が若手優秀発表賞を受賞しました

左から高橋 徹 講師、野外教育学会理事長の星野 敏男 様


 6月22日(土)、23日(日)に日本野外教育学会第22回大会が開催され、本学教員の髙橋徹講師が若手優秀発表賞を受賞しました。
 
題目
「デューイの教育論的視座からの野外教育の再評価」
 
 日本野外教育学会にて若手優秀発表賞を頂けたことを大変光栄に思います。
 今回の発表内容は、野外教育の発展に思想的な影響を与えたとされるアメリカの教育哲学者J.デューイの教育理論を読み解くことで、野外教育の社会的意義を明らかにするというものでした。
 自分自身が専門としている領域とは異なる学会での発表ということで不安もありましたが、学会員の皆様にはあたたかく迎え入れて頂き、ご指導・ご助言を頂けました。今回の学会で得た経験が、新たな研究の方向性を見出すきっかけにもなったように感じます。
 今回の受賞を励みにし、今後もより一層真摯に研究活動に取り組んでいきたいと思います。
 

高橋 徹 講師の紹介はこちら


関連記事