欧州五輪で、ベラルーシ新体操が団体金メダル、個人銅メダル獲得




 6月22日・23日、ベラルーシ共和国ミンスク市で開催された第2回ヨーロッパ・オリンピック大会で、仙台大学が白石市と柴田町と共同で実施している事前合宿ホストタウン事業の対象チームであるベラルーシ新体操が、団体で金メダル、個人で銅メダルという好成績をおさめました。7月の事前合宿で、ますます勢いに乗り、2020東京オリンピックでのメダル獲得につながるのではないかと、期待が増すところです。




 白石市市長、柴田町副町長およびJAASO採択の学生らによる今回のミンスク訪問では、このほか、ベラルーシ文化講演で来日したイリーナ氏、ベラルーシ国立スポーツレジャー学院学長、ミンスク駐在日本大使等とも交流を深めました。



 
関連記事