スポーツ情報マスメディア学科3つのポリシー

1.卒業の認定に関する方針(ディプロマポリシー)

スポーツ情報の関連分野を修得し、多面的な履修を通じて卒業後社会で専門性を発揮できる力と専門的な学修能力を養うとともに、すべての人の健康増進やスポーツ選手の競技力向上に必要な運動・スポーツと情報の活用に関する深い知識と感性を有し、これを実践できる力を身に付けること

その上で、現代社会において運動・スポーツとスポーツ情報に関する専門性が果たすべき役割を深く理解すること
 

2.教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラムポリシー)

 求められるスポーツ情報を迅速に、かつ効果的に「収集・分析・加工(編集)して伝える」ことを学べるよう「情報戦略」と「マスメディア」の二つの履修モデルを設け、いずれの履修モデルにおいてもスポーツ界の様々な現場で即戦力となれるよう、授業の多くに体験型の学習、演習形式を取り入れると共に、関連資格が取得できるよう配慮したカリキュラムを用意しています。
  1. 運動・スポーツに関する専門的な知識・技能や学校教育における体育指導についての基礎を修得する科目
  2. スポーツ情報に関する専門的な知識・技能を修得する科目
  3. 競技現場やメディアでの演習からスポーツ情報の実践・活用法を修得する科目
  4. スポーツ情報戦略を専門的に学び、競技力向上を目指した情報の収集・分析・伝達を実際の体験を通じて主体的に修得する科目
  5. スポーツマスメディアを専門的に学び、スポーツ情報を適切に扱うための取材・編集(加工)・提供を実際の体験を通じて主体的に修得する科目
●将来の進路
 保健体育教諭、スポーツデータ(情報戦略)アナリスト、スポーツ記者、スポーツ団体等の広報スタッフ、各種公務員、一般企業ほか
 

3.入学者の受入れに関する方針(アドミッションポリシー)

 スポーツが好きで、スポーツの中の情報を知り、分析し、伝えることに強い関心を持ち、将来は、それらに関わる職業に就くことを志す方
 

スポーツ情報マスメディア学科 学科長メッセージ

 本学科は、他大学には例のないスポーツを通して情報について学ぶことのできる学科で、その分野は、スポーツ情報戦略とスポーツマスメディアに分けられます。
 スポーツ情報戦略では、監督やコーチが正しい判断・決断をするために必要な情報を収集・加工・分析することを学びます。スポーツマスメディアは、スポーツ好きの人々が望むスポーツシーンを取材、加工・編集して映像や文字として提供する技術や方法を学びます。
 将来の職業として、情報を戦略的に扱いながらスポーツ指導のできる教員、プロスポーツに関わるアナリスト、スポーツジャーナリスト、スポーツ報道のスペシャリストなどを目指して頑張ってみませんか?

スポーツ情報マスメディア学科長
たかはし ひろひこ
高橋 弘彦
(
平成26年 4月 1日就任)