体育学科スポーツマネジメント・コース

 スポーツへの関わり方は、自身がスポーツを「する」「見る」だけではなく、スポーツ関連シーンを「創造する」など多様です。スポーツマネジメント・コースでは、スポーツや野外・レクリエーション現場の特性や仕組みを理解し、新たなシーンを創造する、あるいはより充実させていくための知識、そしてスキルを身につけていきます。そのため、学内での講義や演習のみでなく、3年次にはプロスポーツチームやスポーツ施設、キャンプ場など学外での実習を通じて経験値を高める機会があります。マネジメント力を身につけた学生は、卒業後スポーツや野外レクリエーション組織のスタッフ、教員や公務員、または一般企業の社員としても活躍しています。
 

履修モデル

 体育学科の学生は、体育学科での学士力を培うため、下記の授業科目を共通に学びます。
 
[学士力基盤科目]
 導入演習、情報処理、学習基礎教養演習、総合英語A・B・C・D、スポーツ心理学、スポーツ社会学、スポーツバイオメカニクス、スポーツ指導の基礎、トレーニングの基礎、運動生理学

[学科主要科目(専門基礎科目)]
 スポーツ経営学、スポーツ医学概論、運動学、運動障害救急法、スポーツ栄養学、体操、器械運動、陸上競技、水泳、バレーボール、バスケットボール、ハンドボール、サッカー、ラグビー、柔道、剣道、ダンス、海浜実習、スキーI、キャンプ、スケート(実技科目は選択必修)

[基礎科目]
 「教養基礎科目」「教養展開科目」「海外文化科目」「人生設計科目」

 スポーツマネジメント・コースに所属する学生は共通科目に加えて、次の授業科目などを学びます。
[コース主要科目(発展科目)]
 スポーツマネジメント概論、スポーツマーケティング論、地域スポーツ戦略論、スポーツマネジメント実習、スポーツ産業論、スポーツマネジメント演習、スポーツ施設の経営・管理、スポーツクラブ・マネジメト論(含演習)、スポーツクラブ・マネジメント実習、野外教育・活動論、野外・レクリエーション・マネジメント論(含演習)、野外・レクリエーション・マネジメント実習 ほか

[応用科目]
 レクリエーション実技Ⅰ・Ⅱ、北米のプロスポーツ事情、レジャー・レクリエーション論、スポーツ史、スポーツとマスメディア、企業スポーツ論、ニュー・ゲームズ、スポーツ施設管理概論Ⅰ・Ⅱ、スポーツターフ管理概論Ⅰ・Ⅱ、スポーツ政策論、レクリエーション支援論 ほか

 履 修 系 統 図 
 

私たちが担当します


岡田 成弘
(公社)日本キャンプ協会のキャンプディレクター1級、(財)全日本スキー連盟の準指導員・C級検定員などの資格を有し、自身の研究室では夏と冬の年に2回、学生たちと共に地域の小中学生がキャンプやスキーを楽しめる企画をキャンプディレクターとして運営・指導している。
<担当科目>野外教育活動論、野外レクリエーションマネジメント論、野外レクリエーションマネジメント実習など

荒牧 亜衣
学生時代、秩父宮妃賜杯全日本バレーボール大学女子選手権大会において2年連続優勝。その後、筑波大学女子バレーボール部のコーチを経て、2017年より本学女子バレーボール部の監督に就任。
<担当科目>スポーツ社会学、地域スポーツ戦略論、スポーツ政策論など


馬 佳濛
中国において、ジュニア時代、学生時代にシングルス、ダブルスで優勝。中国国家級卓球選手の資格を有し、仙台大学卓球部の監督を務める傍ら、卓球を通した地域との様々な交流に活躍している。
<担当科目>スポーツマネジメント概論、スポーツマネジメント演習、スポーツマネジメント実習など
 

ゼミ紹介(弓田 恵里香ゼミ)

 本ゼミでは、スポーツマネジメントの中でも特にスポーツマーケティングに焦点をあて学習し、活動を行っています。マーケティングでは、スポーツ参加者や観戦者がなぜスポーツをする・見るのか、何を求めているのか、どのようなサービスに満足するのかなどを理解する必要があります。そのため、ゼミでは実際に市民マラソン大会の参加者、プロサッカーの試合やバレーボールの日本代表戦の観戦者を対象にアンケート調査を実施しています。その後、そこで収集したデータを分析し、スポーツイベントをさらに盛り上げていくためにはどうすべきかを模索します。また、全国から研究者や学生、関係者が集まる日本スポーツマネジメント学会に参加しネットワークを広げること、広島など仙台とは異なる地域を視察し、視野を広げることにも力を入れています。このゼミから、スポーツ関連分野に貢献できる卒業生が一人でも多く誕生することを願っています。